Excel VBAのエディタ画面の構成

ExcelのVBAのエディタ画面の構成です。

目次

構成

名称 説明
1.プロジェクトエクスプローラー  開いているブック毎にシートや標準モジュールが表示されます。
2.プロパティウィンドウ 左の列はプロパティ名です。
右の列はプロパティの値です。プロパティの値は変更することができます。
3.コードウィンドウ プログラムのコードを記述することができます。

 

ウィンドウの幅は、移動させることができます。(オレンジの矢印線)
ばつ(☓)ボタンを押すとウィンドウが閉じます。(赤枠部分)

 

ウィンドウを再度表示する場合は、「表示」を押し、「プロジェクトエクスプローラー」や「プロパティウィンドウ」を押すと表示されます。

3.

 

標準モジュールの表示

標準モジュールを表示する場合、「挿入」>「標準モジュール」を押します。

 

標準モジュールが表示されました。(Module1が標準モジュール)

標準モジュールの削除

標準モジュールを削除する場合、削除したい標準モジュールを右クリックし、Module1の解放をクリックします。

 

ダイアログが表示されるので「いいえ」を選択すると削除されます。

関連の記事

Excel VBAのエディタ画面を表示させる方法
Excel VBAのコードウィンドウの文字サイズを変更する方法

プログラムでつまったらteratailに登録して質問しましょう!↓↓↓

△上に戻る