Excel VBAの開発画面の構成(エディタ画面)

ExcelのVBAのエディタ画面の構成です。
Visual Basic EditorなのでVBEといいます。

目次

画面の構成

VBAの開発画面の構成です。

1は、プロジェクトエクスプローラーです。開いているブック毎にシートや標準モジュールが表示されます。

2は、プロパティウィンドウです。左の列はプロパティ名です。右の列はプロパティの値です。プロパティの値は変更することができます。

3は、コードウィンドウです。プログラムのコードを記述することができます。

ウィンドウの幅を調整する

ウィンドウの幅は、移動させることができます。(オレンジの矢印線)
ばつ(☓)ボタンを押すとウィンドウが閉じます。(赤枠部分)

ウィンドウを再度表示する

ウィンドウを再度表示する場合は、「表示」を押し、「プロジェクトエクスプローラー」や「プロパティウィンドウ」を押すと表示されます。

 

標準モジュールを追加する/削除する

標準モジュールにマクロを書くことができます。

「標準モジュール」に書いたコードで、シート名を指定しない箇所はアクティブシートが対象になります
「Sheet1(Sheet1)」に書いたコードで、シート名を指定しない箇所はSheet1が対象になります。

標準モジュールを追加する

1.標準モジュールを表示する場合、「挿入」→「標準モジュール」をクリックします。

 

2.標準モジュールが表示されました。「Module1」が標準モジュールです。

標準モジュールを削除する

1.標準モジュールを削除する場合、削除したい標準モジュールを右クリックし、「Module1の解放」をクリックします。

 

2.ダイアログが表示されるので「いいえ」を選択すると削除されます。

 

イミディエイトウィンドウを表示する

イミディエイトウィンドウは、コード上にDebug.Printを書くことで値を表示することができます。Eclipseのコンソールにあたります。

表示方法

1.「表示」→「イミディエイトウィンドウ」をクリックします。

 

2.イミディエイトウィンドウが表示されました。
コード上に書かれたDebug.Printの値がイミディエイトウィンドウに表示されています。

 

ローカルウィンドウを表示する

ローカルウィンドウは、VBAのコードをデバッグできます。

表示方法

1.「表示」→「ローカルウィンドウ」をクリックします。

 

2.ローカルウィンドウ」が表示されました。

 

ローカルウィンドウの使い方

ローカルウィンドウの使い方です。
1.確認したい行の左端をクリックします。色が変わります。
2.マクロを実行してプログラムを進めます。クリックした行でプログラムが止まります。
3.ローカルウィンドウに変数の値が表示されます。

関連の記事

Excel VBAの開発画面を表示する方法(エディタ画面)
Excel VBAのコードウィンドウの文字サイズを変更する方法

△上に戻る