Excel VBA デバッグの方法

Excel VBAのデバッグの方法です。

目次

Debug.Printで値を表示して確認する

コード上にDebug.Printと書くことで変数の値を表示することができます。
値は、イミディエイトウィンドウに表示されます。Eclipseのコンソールにあたります。

イミディエイトウィンドウを表示する

1.「表示」→「イミディエイトウィンドウ」をクリックでイミディエイトウィンドウが表示されます。

 

2.コード上にDebug.Print+変数を書くと、変数の値がイミディエイトウィンドウに表示されます。
イミディエイトウィンドウの値を消すときは手動で全選択して消します。

 

プログラムを止めながら変数の値を確認する

プログラムを止めながら変数の値を確認することができます。
値は、ローカルウィンドウに表示されます。

ローカルウィンドウを表示する

1.「表示」→「ローカルウィンドウ」をクリックでローカルウィンドウが表示されます。

 

2.ローカルウィンドウ」には式、値、型の項目があります。

 

ローカルウィンドウの使い方

1.プログラムを止めたい行の左端をクリックすると行の色が変わります。
2.マクロを実行してプログラムを進めます。クリックした行でプログラムが止まります。
3.ローカルウィンドウに変数の式、値、型が表示されます。

関連の記事

Excel VBAの開発タブの表示とエディタ画面の表示
Excel VBAのエディタ画面の使い方と標準モジュールの追加/削除
Excel VBAのコードウィンドウの文字サイズを変更する方法

△上に戻る