EclipseでSVNを操作する(コードを修正してコミット)

EclipseのSVNでコードを修正してコミットを行う手順です。
(確認環境:Windows10,pleiades)

目次

手順 環境と目的
1.チーム同期化を表示する
2.SVNサーバーに接続してコミットする
3.他ユーザの更新を取り込む場合(アップデート)

環境と目的

pleiadesまたはEclipseにSVNのプラグインをインストールします。
Eclipse Pleiades All in Oneをインストールする手順

SVNのサーバーの設定とユーザが必要です。
VisualSVN Server レポジトリ作成/ユーザ作成

目的

SVN連携済みのEclipseのプロジェクトのTest1.javaのコードを修正してSVNに反映(コミット)します。

プロジェクト

SVN

 

1.チーム同期化を表示する

1.ウィンドウ>パースペクティブ>パースペクティブを開く>その他をクリックします。

 

2.チーム同期化を選択します。

 

3.画面右上にチーム同期化のタブが表示されます。

 

2.SVNサーバーに接続してコミットする

1.チーム同期化をクリックします。

 

2.左端のアイコンをクリックし同期化を選択します。

 

3.SVNを選択して次へをクリックします。

 

4.完了をクリックします。

 

5.成功すると以下のように表示されます。青の右向きの矢印はコミット対象であることを示しています。

 

6.対象のコードを選択して右クリック>コミットを選択します。

 

5.コメントの入力とコミットの対象にチェックを入れOKボタンを押すとコミットされます。

 

3.他ユーザの更新を取り込む場合(アップデート)

1.チーム同期化をクリックします。

 

2.左端のアイコンをクリックし同期化を選択します。

 

3.SVNを選択して次へをクリックします。

 

4.完了をクリックします。

 

5.成功すると以下のように表示されます。青の左向きの矢印はアップデート対象であることを示しています。

 

6.対象のコードを選択して右クリック>更新を選択するとコードが更新されます。

関連の記事

TortoiseSVNの使い方
EclipseでSVNを操作する(チェックアウト)
EclipseでSVNを操作する(初回コミット)

△上に戻る