Eclipse デバッグの方法

Eclipseでのデバッグの方法です。

目次

1.デバックする準備を行う(ブレークポイントの設定)

最初にデバッグを実行する前にデバックの準備をします。
ブレークポイントと呼ばれるポイントを設定します。

コードがある画面の行の左端をダブルクリックすると丸いアイコン(下図の赤枠)が表示されます。
ブレークポイントです。

デバッグモードでコードを動かすとブレークポイントの箇所でプログラムが止まります
そのため、その時点での変数の値を確認できるようになります。
ブレークポイントは、複数の箇所に設定できます。

2.デバッグを実行する

1.デバッグを実行するには、虫のアイコン(下図赤枠)をクリックします。
上記で設定したブレークポイントまでソースコードが実行されます。

eclipse48

 

2.「パースペクティブ切り替えの確認」が表示された場合は、「常にこの設定を使用する」にチェックを入れ「はい」をクリックします。

eclipse49

 

3.以下は、デバッグを行っている時の画面です。
赤枠はデバッグのパースペクティブ画面が開いていることを示しています。

画面のレイアウトはドラッグアンドドロップで変更できます。

 

4.コードがあるウィンドウを確認すると、6行目の設定したブレークポイントで止まっています。

 

5.「変数ビュー」で変数の中身を確認できます。
変数のaに値として1が入っていることがわかります。

 

6.再開ボタン(下図赤枠)をクリックするとプログラムが進みます。

変数にカーソルを当てて確認する

1.変数にカーソルを当てると変数の中身を確認できます。
以下は、HashSetの変数の値を表示しています。

3.デバッグのアイコンの機能

デバッグで使用するアイコンの機能の説明です。

eclipse_debug_btn

アイコン 説明
スキップ スキップを押して、再開を押すとすべてのブレークポイントをスキップします
再開(F8) 次のブレークポイントまでプログラムを実行します
ステップイン(F5) 次の1文を実行します
次の1文にメソッドがある場合、メソッドの中に入ります
ステップオーバー(F6) 次の1文を実行します
次の1文にメソッドがあっても、メソッドの中に入りません
ステップリターン(F7) 今実行中のメソッドの実行を終えて、呼び出し元へ戻ります
フレームにドロップ メソッドの先頭からステップをやり直します

デバッグモードでメソッド内のコードを修正したときは、自動的にフレームにドロップが実行されます。

4.補足(パースペクティブの切り替え)

パースペクティブを切り替える場合は、Eclipseの右上にある赤枠の箇所を押します。
パースペクティブとは、エディターやビューの組み合わせです。
下の図でいうと、デバッグのパースペクティブとして「デバッグ」、「Test1.java」、「変数」、「サーバー」の組み合わせになっています。
JavaのパースペクティブであればJava開発用のものが、デバッグであればデバッグ用の表示がされます。

関連の記事

Eclipse 他のプロジェクトを参照する/プロジェクトを閉じる・開く方法
Eclipse jarファイルをクラスパスに設定する方法
Eclipse フォルダを作成してビルドパスに設定する手順
Eclipse Javadocの生成方法

△上に戻る