Eclipse 手動でプラグインを追加する方法

Eclipseへ手動でプラグインを追加する方法です。

実行時の環境
Windows 10/7
Eclipse 4.7/4.6/4.5/4.4

1.プラグインの入手

ダウンロード等でプラグインを入手します。
ファイルがzip圧縮されていた場合、展開します。

2.フォルダ/ファイルの配置

取得したフォルダ/ファイルをEclipseフォルダの以下のフォルダに配置します。
2つの方法があります。

方法1:
フィーチャーは、featuresフォルダ配下にコピーします。
プラグインは、pluginsフォルダ配下にコピーします。
※フィーチャーとは、複数のプラグインをまとめて管理するためのプラグインです。

方法2:
フォルダ/ファイルまたはjarをdropins配下にコピーします。

↓eclipseフォルダ配下
eclipse-folder1

3.eclipseの起動

-cleanオプションをつけてeclipseを再起動します。
eclipse.exe と同じフォルダにeclipse.exe -clean.cmdファイルがあればそのファイルをダブルクリックします。
eclipse.exe -clean.cmdファイルがない場合はコマンドプロンプトでeclipse.exeのあるフォルダに行き、以下のコマンドを実行します。

eclipse.exe -clean

4.確認

追加したプラグインの確認方法は、
インストール済みプラグインの確認を参照願います。

関連の記事

Eclipse インストール済みプラグインの確認方法
Eclipse 更新サイトがあるプラグインのプラグイン追加手順
Eclipse findbugsのインストール手順
Eclipse Checkstyleプラグインのインストールと使い方
Eclipseを日本語化する手順 (Pleiadesプラグインの導入)



△上に戻る