C# 計算のサンプル(a += 3や++aとa++)

C#の計算のサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2017

目次

数値の演算

数値の演算のサンプルです。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        // 足し算
        Console.WriteLine(6 + 3);//9

        // 引き算
        Console.WriteLine(6 - 3);//3

        // 掛け算
        Console.WriteLine(6 * 3);//18

        // 割り算
        Console.WriteLine(6 / 3);//2

        // 割り算の余り
        Console.WriteLine(5 % 3);//2

        // べき乗
        Console.WriteLine(Math.Pow(2,4));//16
    }
}

19行目の%は、割り算の余りを求めます。
22行目は、べき乗です。1 つ目の数値を 2 つ目の数値でべき乗します(2*2*2*2=16)。

代入演算子

計算がある代入演算子のサンプルです。
計算した後に変数に代入します。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        int a = 6;
        Console.WriteLine(a += 3);//a = a + 3 と同じ → 9

        int b = 6;
        Console.WriteLine(b -= 3);//b = b -3 と同じ → 3

        int c = 6;
        Console.WriteLine(c *= 3);//c = c * 3 と同じ → 18

        int d = 6;
        Console.WriteLine(d /= 3);//d = d / 3 と同じ → 2

        int e = 5;
        Console.WriteLine(e %= 3);//e = e % 3 と同じ → 2
    }
}

19行目の%は、割り算の余りを求めます。

 

インクリメント

インクリメントのサンプルです。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        int a = 0;
        int b = ++a;
        Console.WriteLine(b);//1
        Console.WriteLine(a);//1

        int c = 0;
        int d = c++;
        Console.WriteLine(d);//0
        Console.WriteLine(c);//1
    }
}

デクリメント

デクリメントのサンプルです。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        int a = 0;
        int b = --a;
        Console.WriteLine(b);//-1
        Console.WriteLine(a);//-1

        int c = 0;
        int d = c--;
        Console.WriteLine(d);//0
        Console.WriteLine(c);//-1
    }
}

7行目は、変数の前に--がついています。値から1を引いてから変数に代入します。
12行目は、変数の後ろに--がついています。値を変数に代入してから1を引きます。

偶数か奇数か判定する

偶数か奇数か判定するサンプルです。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        int num = 10;

        if (num % 2 == 0)
        {
            Console.WriteLine("偶数です");//偶数です
        }
        else
        {
            Console.WriteLine("奇数です");
        }
    }
}

8行目は、割り算の余りを求める%を使用し、余りが0のときは偶数、0以外のときは奇数と判定しています。

 

絶対値を求める(abs)

絶対値を求めるサンプルです。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        int a = -10;
        Console.WriteLine(Math.Abs(a)); //10

        int b = 10;
        Console.WriteLine(Math.Abs(b)); //10
    }
}

絶対値は、MathクラスのAbsメソッドを使用します。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.math.abs?view=netframework-4.8

関連の記事

C# 乱数を生成するサンプル(Randomクラス)

△上に戻る