C# 乱数を生成するサンプル(Randomクラス)

C#の乱数を生成するサンプルです。
RandomクラスのNextメソッドを使用します。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2017

目次

RandomクラスのNextメソッド

public virtual int Next (int minValue, int maxValue);

コード

RandomクラスのNextメソッドのサンプルです。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        Random r1 = new System.Random();

        Console.WriteLine(r1.Next(0,3));//0から2


        Random r2 = new System.Random();

        Console.WriteLine(r2.Next(1, 4));//1から3
    }
}

8行目は、Nextメソッドで0から2の値をランダムに返します。
13行目は、1から3の値をランダムに返します。

 

配列の値をランダムに表示する

上記のRandomクラスのNextメソッドを使用して配列の値をランダムに表示するサンプルです。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        string[] a = new string[3] { "赤", "黄", "青" };

        Random r1 = new System.Random();

        int r2 = r1.Next(0, 3);//0から2

        Console.WriteLine(a[r2]);
    }
}

6行目は、配列です。
10行目は、乱数を生成し0から2の値をランダムに返します。配列のインデックス値になります。
12行目は、配列の値をランダムに表示します。

関連の記事

C# foreach文のサンプル
C# 配列のサンプル
C# LINQで配列の値を取得するサンプル

△上に戻る