CentOS bashの設定ファイル

CentOSのbash設定ファイルについてです。

確認環境
・CentOS 6.8

bashの設定ファイル

ファイル名 説明
/etc/profile ログイン時に、読み込まれる。
全ユーザーに適用される。
~/.bash_profile ログイン時に、読み込まれる。
ログインユーザーのみに設定される。
~/.bashrc .bash_profileの中に~/.bashrcを読み込む記述があるためログイン時に読み込まれる。上記箇所をコメントにすると読み込まれない。
bashコマンドでbashを起動すると~/.bashrcが読み込まれる。
コードの内容は、/etc/bashrcを読み込む記述がある。
~/.bash_logout ログアウトする時に読み込まれる。

※「~/」 はユーザーのホームディレクトリを表します。
例えばログインユーザがtaroの場合のホームディレクトリは/home/taroです。

.bash_profile

.bash_profileのコードです。4行目から6行目に ~/.bashrcがあれば ~/.bashrcを読み込むと記述されています。

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
        . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin

export PATH

4行目から6行目にある.bashrcの読み込みをコメントにしてログインしたときの画面です。

4行目から6行目にある.bashrcの読み込みをコメントにせずログインしたときの画面です。

.bashrc

.bashrcのコードです。4行目から6行目に /etc/bashrcがあれば読み込むと記述されています。

# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions

ファイルの修正例

例えばtaroユーザーでログインして
ホームディレクトリ(/home/taro)で.bash_profileの
最終行に echo  こんにちはtaroさん と追加した場合、
taroユーザーで再度ログインすると最初に、「こんにちはtaroさん 」と表示されます。

関連の記事

CentOS ランレベルとサービスの自動起動の設定
CentOS rcスクリプトとランレベル毎のシンボリックリンク
CentOS シンボリックリンク
CentOS bashの機能
CentOS OpenSSHサーバの設定ファイル(sshd_config)
CentOS コマンド一覧
CentOS viの操作とコマンドの一覧

△上に戻る