CentOS ランレベルとサービスの自動起動の設定

ランレベルとサービスの自動起動の設定についてです。

目次

ランレベル

  • OSの状態のことで0から6まであります。
  • ランレベルの内容はOSによって異なります。CentOS(redhat系OS)のランレベルは下の表のようになっています。
ランレベル 状態
0 システムが停止になる状態
1 シングルユーザーモード
rootによるログインができない等の緊急時に使用します。
rootと同じ権限を持ちます。
2 未使用。ユーザーが定義可能です。
3 通常の操作で使用されます。
マルチユーザーモードでテキストログインです。
4 未使用。ユーザーが定義可能です。
5 通常の操作で使用されます。
マルチユーザーモードでGUIログインです。(X ベースのログイン画面)
6 システムが再起動になる状態

 

サービスの自動起動の設定

chkconfigコマンドは、システムの起動や停止に関連するコマンドです。

そのコマンドに--listオプションをつけるとサービスの自動起動は、どのランレベルのときに行われるかという一覧が表示されます。

以下は、httpd(Apache)の自動起動について確認した図です。

 

chkconfig −−list httpd

 

1行目は、コマンドです。
2行目の左端の英字名(httpd)がサービス名です。

2行目の数値がランレベルで、onが自動起動する、offが自動起動しないという意味です。
3と5がonなので、ランレベルが3と5のときは自動起動します。

 

chkconfigコマンドオプション

chkconfigコマンドの主なオプションです。

コマンド 説明
 chkconfig --list サービスの自動起動の設定を表示する。
 chkconfig --list サービス 指定したサービスの自動起動の設定を表示する。
chkconfig --list httpd
 chkconfig --level レベル サービス (on/off/reset) サービスの自動起動の設定を切り替える。
  例:chkconfig --level 35 httpd off  
(httpdサービスはレベル3と5で自動起動しない)
 chkconfig --add サービス サービスの自動起動の設定を追加する。
chkconfig --add httpd
 chkconfig --del サービス サービスの自動起動の設定を削除する。
chkconfig --del httpd

 

ランレベルの設定箇所

/etc/inittabファイルに現状のランレベルの設定箇所があります。
下のinittabファイルの最終行(26行目)の数値がランレベルです。
ランレベルは5になっています。

# inittab is only used by upstart for the default runlevel.
#
# ADDING OTHER CONFIGURATION HERE WILL HAVE NO EFFECT ON YOUR SYSTEM.
#
# System initialization is started by /etc/init/rcS.conf
#
# Individual runlevels are started by /etc/init/rc.conf
#
# Ctrl-Alt-Delete is handled by /etc/init/control-alt-delete.conf
#
# Terminal gettys are handled by /etc/init/tty.conf and /etc/init/serial.conf,
# with configuration in /etc/sysconfig/init.
#
# For information on how to write upstart event handlers, or how
# upstart works, see init(5), init(8), and initctl(8).
#
# Default runlevel. The runlevels used are:
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
#   1 - Single user mode
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
#   3 - Full multiuser mode
#   4 - unused
#   5 - X11
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:5:initdefault:

関連の記事

CentOS bashの設定ファイル
CentOS rcスクリプトとランレベル毎のシンボリックリンク
CentOS シンボリックリンク
CentOS bashの機能
CentOS OpenSSHサーバの設定ファイル(sshd_config)
CentOS コマンド一覧
CentOS viの操作とコマンドの一覧

△上に戻る