CentOS bashの機能

bashの機能についてです。

コマンドの実行環境
・CentOS 6.4

bash

  • bashとはシェルです。
  • シェルは、ユーザーが入力したコマンドをカーネルに伝え、カーネルの処理結果をユーザーに伝えます。
  • Linuxの標準のシェルです。
  • GNUプロジェクトが開発しています。

bashの機能

bashの主な機能です。

機能 説明
入力を補助する 文字を途中まで入力してタブを押すと後の文字を自動で入力してくれます。
例:ls -l /u まで入力してタブを押すとls -l /usr/が表示される
コマンドの履歴を表示する カーソルの上下を押すと入力したコマンドの履歴が表示されます。
リダイレクト 通常は、標準入力(キーボード)から入力し、結果が標準出力(画面端末)に出力されます。リダイレクトを使用すると、ファイルから入力したり、ファイルへ出力できるようになります。
例:cat < test1.txt ファイルを読み込んで表示する
echo 'test1' > test1.txt ファイルに書き込む
echo 'test1' >> test1.txt ファイルに追記で書き込む
パイプ 記号の( | )を使用して、コマンドをつなげる
例: rpm -qa | grep vsftpd
エイリアス コマンドの別名を作成することにより、コマンドを短縮することができます。
例:lsと入力するとls --color=autoが実行される
シェル変数 現在実行中のシェルだけで有効な変数です。
setと入力するとシェル変数の一覧が表示される
個別のシェル変数の値を表示する場合は、echoコマンドと$を前につけたシェル変数を入力する
例:echo $SHELL
環境変数 envと入力すると環境変数の一覧が表示される
個別の環境変数の値を表示する場合は、echoコマンドと$を前につけた環境変数を入力する
例:echo $HOME
bashの設定ファイル
/etc/profile
~/.bash_profile
~/.bashrc
~/.bash_logout
CentOS bashの設定ファイル参照
bashのバージョンを表示する bash -version

関連の記事

CentOS bashの設定ファイル
CentOS ランレベルとサービスの自動起動の設定
CentOS rcスクリプトとランレベル毎のシンボリックリンク
CentOS シンボリックリンク
CentOS OpenSSHサーバの設定ファイル(sshd_config)
CentOS コマンド一覧
CentOS viの操作とコマンドの一覧




△上に戻る