Zabbix 基本用語と起動/終了のコマンドを確認

Zabbixの起動と終了のコマンドと基本用語を確認するサンプルです。
(確認環境:zabbix_server3、CentOS7)

目次

サンプル Zabbixの基本用語
zabbix関連のコマンド
  ブラウザからZabbixにアクセスする

Zabbixの基本用語

zabbixのイメージ図

用語 説明
Zabbix OSS(オープンソースソフトウェア)の監視ツール
Zabbixサーバ 監視する側。情報を受け取る。
Zabbixエージェント 監視対象のサーバにインストールする。情報を送信する。
Zabbixエージェントは必須ではない。SNMP等の使用でも監視は可。
ホスト 監視対象のサーバ等。ネットワークの機器も可。
アイテム 監視する項目。CPUの使用率、ディスクの使用率等。
アプリケーション アイテムをグループ化したもの。
トリガー しきい値。数値または文字列の指定も可能。
ディスカバリ 条件に一致する対象を発見したら自動でアイテム等を作成する。
テンプレート 監視の設定をまとめたもので、一つ作成しておけば複数のホストに適用できる
Webシナリオ シナリオ(台本、筋書き)で監視を行う。

 

zabbix関連のコマンド

端末ターミナルのコマンドから起動や終了等の確認を行います。

systemctl status zabbix-server
systemctl status zabbix-agent
サービスの状態を確認する
sudo systemctl start zabbix-server
sudo systemctl start zabbix-agent
サービスを起動する
sudo systemctl stop zabbix-server
sudo systemctl stop zabbix-agent
サービスを停止する
sudo systemctl restart zabbix-server
sudo systemctl restart zabbix-agent
サービスを再起動する
sudo systemctl enable zabbix-server
sudo systemctl enable zabbix-agent
サービス自動起動を有効にする
sudo systemctl disable zabbix-server
sudo systemctl disable zabbix-agent
サービス自動起動を無効にする
systemctl is-enabled zabbix-server
systemctl is-enabled zabbix-agent
サービス自動起動の設定を確認する
zabbix_server -V zabbixサーバーのバージョンを表示
zabbix_agentd -V zabbixエージェントのバージョンを表示

 

ブラウザからZabbixにアクセスする

1.ブラウザにzabbixのURLを入力します。

http://127.0.0.1/zabbix/

 

2.画面からユーザIDとパスワードを入力します。

関連の記事

Zabbix サーバのURLを指定して起動監視する

△上に戻る