Zabbix 自サーバーを監視する設定を行うサンプル

Zabbixの自サーバーを監視する設定を行うサンプルです。
(確認環境:zabbix_server3、CentOS7)

目次

サンプル 概要
  ホストを作成する
設定したデータを確認する

概要

  • zabbixサーバのある自サーバを監視します。
  • テンプレートはデフォルトとしてあるTemplate OS Linuxを指定します。
  • テンプレートは、監視の設定をまとめたもので1つ作成しておけば複数のホストに適用できるものです。

 

ホストを作成する

1.ホストをクリックします。

 

2.ホストの作成をクリックします。

 

3.ホスト名と表示名を入力しグループを選択します。
IPアドレスは自サーバを指すのでデフォルトの127.0.0.1のままで良いです。

 

4.テンプレートのタブをクリックし、テンプレートは、Template OS Linuxを選択し追加のリンクをクリックします。
テンプレートのリンクにテンプレートがあることを確認し、追加ボタンをクリックします。

 

設定したデータを確認する

1.監視データ>最新データ>ホストに設定したサーバを指定>フィルターをクリックします。
一覧にテンプレートにある項目の値が表示されます。

 

2.グラフをクリックします。

 

3.クリックしたグラフが表示されます。

関連の記事

Zabbix 基本用語と起動/終了のコマンドを確認

△上に戻る