VB.NET While文のサンプル(Exit/Continue)

VB.NETのWhile文のサンプルです。条件の結果で処理の繰り返しを制御します。

目次

While文 While文
Exit ループを途中で終了する(Exit)
  入れ子のときにExitを使用する
Continue ループで処理をスキップする(Continue)
  入れ子のときにContinueを使用する
  do...while文にあたる書き方
演算子 比較演算子

While文

While 条件式
       実行される処理
End While

While文のサンプルです。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim i As Integer = 0 '変数

        While i < 3
            Console.WriteLine(i) '0 1 2が出力される
            i = i + 1
        End While

    End Sub
End Module

5行目は、値が3より小さい間、処理を繰り返します。
7行目は、条件になる値を加算しています。

ループを途中で終了する(Exit)

ループを途中で終了するサンプルです。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim i As Integer = 0 '変数

        While i < 5
            If (i = 3) Then
                Exit While
            End If
            Console.WriteLine(i) '0 1 2が出力される
            i = i + 1
        End While

    End Sub
End Module

7行目のExit Whileは、while文を抜けます。
そのため9行目の文字列の出力は0,1,2のみ出力されます。

入れ子のときにExitを使用する

入れ子のときにExitを使用するサンプルです。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim i As Integer = 0 '変数
        Dim j As Integer = 0 '変数

        While i < 2
            While j < 2
                If (j = 0) Then
                    Exit While
                End If
                Console.WriteLine("j=" & j) '出力なし
                j = j + 1
            End While
            Console.WriteLine("i=" & i) 'i=0 i=1が出力される
            i = i + 1
        End While

    End Sub
End Module

6,7行目にWhile文があり入れ子になっています。
9行目のExit Whileは、内側のWhile文のみ抜けます。次は14行目にいきます。
12行目は実行されないのでjの値は常に0です。

ループで処理をスキップする(Continue)

ループで処理をスキップするサンプルです。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim i As Integer = 0 '変数

        While i < 5
            If (i = 3) Then
                i = i + 1
                Continue While
            End If
            Console.WriteLine(i) '0,1,2,4が出力される
            i = i + 1
        End While

    End Sub
End Module

8行目のcontinueは、次は5行目を実行します。そのため10行目の文字列の出力は実行されません。
このサンプルでは7行目の加算がないと無限ループになるので注意して下さい。

入れ子のときにContinueを使用する

入れ子のときにContinueを使用するサンプルです。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim i As Integer = 0 '変数
        Dim j As Integer = 0 '変数

        While i < 2
            While j < 2
                If (j = 0) Then
                    j = j + 1
                    Continue While
                End If
                Console.WriteLine("j=" & j) 'j=1が出力される
                j = j + 1
            End While
            Console.WriteLine("i=" & i) 'i=0 i=1 が出力される
            i = i + 1
        End While

    End Sub
End Module

6,7行目にWhile文があり入れ子になっています。
10行目のContinue Whileは、内側のWhile文の先頭の7行目に戻ります。

do...while文にあたる書き方

do...while文にあたる書き方のサンプルです。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim a As Integer = 0 '変数
        Dim b As Integer = 0 '変数

        Do
            Console.WriteLine(a) '0 1 2 3が出力される
            a = a + 1
        Loop While a < 3

        While True
            Console.WriteLine(b) '0 1 2 3が出力される
            b = b + 1
            If b > 2 Then
                Exit While
            End If
        End While

    End Sub
End Module

6~9行目はDo...Loop文でLoopの横にWhileと条件があります。最初の1回は必ず実行されます。

11行目は、While Trueで最初の1回は必ず実行されます。
13行目は、ループの変数を1加算しています。
14行目の条件がtrueになったときに15行目のExitでWhile文を抜けます。

比較演算子

上記コードの=は比較演算子です。

比較演算子は、2つの値を比べて真偽値(true/false)を返します。
条件を満たしていればtrue,そうでない場合はfalseです。

等しくないとする場合は、<>とします。

比較演算子 説明
a = b aとbの値は等しい
a <> b aとbの値は等しくない
a > b aはbより大きい
a >= b aはbより大きい または 等しい
a < b aはbより小さい
a <= b aはbより小さい または 等しい

以下は、Microsoftの比較演算子 (Visual Basic)のリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/visual-basic/language-reference/operators/comparison-operators

関連の記事

VB.NET If文のサンプル
VB.NET For文のサンプル(Exit/Continue)

△上に戻る