VB.NET Oracle11gに接続してselectするサンプル

VB.NETのOracle11gに接続してselectするサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019
・Oracle Express Edition 11g Release 2
・Oracle.ManagedDataAccess 19.5.0
・Windows 10

目次

Oracle.ManagedDataAccessを取得する

Oracle.ManagedDataAccessは、Oracle公式のドライバです。
(Oracle Data Provider for .NET(ODP.NET),Managed Driverです)
この他にOracle Clientをインストールする必要はありません。

1.Visual Studioの「ツール」→「NuGetパッケージマネージャー」→「ソリューションのNuGetパッケージのい管理」をクリックします。

 

2.「参照」タブをクリックし検索入力欄に「Oracle.ManagedDataAccess」と入力します。
表示されたOracle.ManagedDataAccessをクリックし、プロジェクトのチェックを入れ、インストールボタンを押します。

 

3.インストールが完了すると参照配下にOracle.ManagedDataAccessが追加されます。

app.config等の修正はありませんでした。

接続してselectを実行する

Oracleに接続してselectを実行するサンプルです。

Imports Oracle.ManagedDataAccess.Client

Module Module1
    Sub Main()
        Dim Conn As OracleConnection = New OracleConnection()
        Conn.ConnectionString =
            "User Id=hr;Password=hr;Data Source=localhost/XE;"

        Dim cmdQuery As String = "SELECT id,name,romaji FROM SYAIN"

        Dim cmd As OracleCommand = New OracleCommand(cmdQuery)
        cmd.Connection = Conn
        cmd.CommandType = CommandType.Text

        Try
            Conn.Open()
            Dim reader As OracleDataReader = cmd.ExecuteReader()
            While (reader.Read())
                Console.WriteLine(
                    reader.GetDecimal(0) &
                    reader.GetString(1) &
                    reader.GetString(2))
            End While
        Catch ex As Exception
            Console.WriteLine(ex.Message)
        Finally
            Conn.Close()
            Conn.Dispose()
        End Try
    End Sub
End Module

7行目は、接続情報です。ユーザーID,パスワード、ソースを指定します。
9行目は、select文です。
17行目は、SQL文を実行しています。
18~23行目は、テーブルから取得した値を表示しています。

実行結果

以下のように表示されます。

1鈴木suzuki
2田中tanaka
3佐藤sato

関連の記事

OracleXE11のインストールとHRテーブルを確認
Oracle SQLコマンドラインを使用するサンプル
Oracle table,view等のDDLの作成のサンプル

△上に戻る