Oracle SQLコマンドラインを使用するサンプル

OracleのSQLコマンドラインを使用するサンプルです。

確認環境
・Oracle 11g Express Edition
・Windows 10

目次

SQLコマンドラインでOracleに接続する connect
その後ユーザーIDとパスワードを入力する
表示幅を広げる set line 数値
ページの行数を増やす set pages 数値
SQL文の実行結果をテキストに出力する spool e:\Test1\test1.txt
SQLを実行
spool offで止める
列名を非表示にする set heading off
「x行が選択されました。」を非表示にする set feedback off
SQLコマンドラインを終了する exit

SQLコマンドラインでOracleに接続する

1.スタートメニューから「SQLコマンドラインの実行」をクリックして起動します。

 

2.connetコマンドを入力し、ユーザー名とパスワードを入力します。

SQL> connect
ユーザー名を入力してください: test1
パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL>

Oracleへ接続が成功すると4行目のように「接続されました。」と表示されます。

表示幅を広げる(set line 数値)

before

SQLの実行結果ですが横の表示幅が狭いため行の途中で改行されて見づらくなっています。
途中で改行されないよう表示幅を広げます。

after

set lineコマンドを入力してからselectを実行します。

横の表示幅が改善されました。

 

ページの行数を増やす(set pages 数値)

before

データ行の途中にヘッダー項目が表示されています。
1ページあたりの行数を増やしてヘッダー項目が表示されないようにします。

after

set pagesコマンドを入力してselectを実行します。


データの途中のヘッダー項目が非表示になりました。

 

SQL文の実行結果をテキストに出力する(spool)

SQL文の実行結果をテキストに出力する場合は、spoolコマンドを入力します。

spoolコマンドを入力した後、SQL文を実行します。

1行目はspoolコマンドでEドライブのTest1フォルダ配下にtest1.txtというファイルを出力します。
17行目のspool offで出力を止めます。

 

列名と「x行が選択されました。」を非表示にする

before

spoolコマンドでデータを取得しようとしたところ、列名と検索結果の件数が出力されています。
列名と検索結果の件数を非表示にします。

after

set heading offで列名を非表示にします。
set feedback offで「x行が選択されました。」を非表示にします。

列名と検索結果の件数が非表示になります。

関連の記事

SQL INSERT文のサンプル
SQL UPDATE文とDELETE文のサンプル
SQL 重複行を表示しないサンプル(distinct)
SQL 複数の行をまとめる(集約関数/group by/having)

△上に戻る