VB.NET 計算のサンプル(a += 1やa -= 1)

VB.NETの計算のサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

計算 数値の演算
  代入演算子
  値を1つ増やす
  値を1つ減らす
  偶数か奇数か判定する
数値に変換 文字列を数値に変換する(Parse)

数値の演算

数値の演算のサンプルです。

Module Module1
  Sub Main()
    ' 足し算
    Console.WriteLine(6 + 3) '9

    ' 引き算
    Console.WriteLine(6 - 3) '3

    ' 掛け算
    Console.WriteLine(6 * 3) '18

    ' 割り算
    Console.WriteLine(6 / 3) '2

    ' 割り算の余り
    Console.WriteLine(5 Mod 3) '2

    ' べき乗
    Console.WriteLine(2 ^ 4) '16

    ' 絶対値
    Console.WriteLine(Math.Abs(-10)) '10
  End Sub
End Module

16行目のModは、割り算の余りを求めます。
19行目は、べき乗です。1 つ目の数値を 2 つ目の数値でべき乗します(2*2*2*2=16)。

代入演算子

計算がある代入演算子のサンプルです。
計算した後に変数に代入します。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim a As Integer = 6
        a += 3               '足し算
        Console.WriteLine(a) '9

        Dim b As Integer = 6
        b -= 3               '引き算
        Console.WriteLine(b) '3

        Dim c As Integer = 6
        c *= 3               '掛け算
        Console.WriteLine(c) '18

        Dim d As Integer = 6
        d /= 3               '割り算
        Console.WriteLine(d) '2

        Dim e As Integer = 2
        e ^= 4               'べき乗
        Console.WriteLine(e) '16
    End Sub
End Module

20行目は、べき乗です(2*2*2*2=16)。

値を1つ増やす

値を1つ増やすサンプルです。
VB.NETでは、++aのようなインクリメントはありません。

Module Module1
  Sub Main()
    Dim a As Integer = 0

    a += 1
    Console.WriteLine(a) '1

    a += 1
    Console.WriteLine(a) '2
  End Sub
End Module

5,8行目は、代入演算子の+=と1で値を1つ増やしています。

値を1つ減らす

値を1つ減らすサンプルです。
VB.NETでは、--aのようなデクリメントはありません。

Module Module1
  Sub Main()
    Dim a As Integer = 0

    a -= 1
    Console.WriteLine(a) '-1

    a -= 1
    Console.WriteLine(a) '-2
  End Sub
End Module

5,8行目は、代入演算子の-=と1で値を1つ減らしています。

偶数か奇数か判定する

偶数か奇数か判定するサンプルです。

Module Module1
  Sub Main()

    Dim num As Integer = 10

    If num Mod 2 = 0 Then
      Console.WriteLine("偶数です") '偶数です
    Else
      Console.WriteLine("奇数です")
    End If
  End Sub
End Module

6行目は、割り算の余りを求めるModを使用し、余りが0のときは偶数、0以外のときは奇数と判定しています。

文字列を数値に変換する(Parse)

文字列を数値に変換するサンプルです。

Module Module1
  Sub Main()
    Dim a As String = "10"

    ' 文字列をInteger型に変換する
    Dim b As Integer = Integer.Parse(a)
    Console.WriteLine(b) ' 10

    ' 文字列をLong型に変換する
    Dim c As Long = Long.Parse(a)
    Console.WriteLine(c) ' 10

    ' 文字列をSingle型に変換する
    Dim d As Single = Single.Parse(a)
    Console.WriteLine(d) ' 10

    ' 文字列をDouble型に変換する
    Dim e As Double = Double.Parse(a)
    Console.WriteLine(e) ' 10

  End Sub
End Module

3行目は、String型で文字列です。
Parseメソッドで文字列を数値に変換できます。

△上に戻る