VB ボタン等のコントロールの設定のサンプル

VBのフォームアプリケーションで使用するボタン等のコントロールの設定のサンプルです。

確認環境
・Visual Studio Community 2019

目次

サンプル ボタンの表示と非表示
  ボタンを移動させる
  ボタンの大きさを変更する
  ボタンを非活性/活性にする
  ボタンにフォーカスをあてる

以下はサンプルで使用するフォームとボタンのイメージです。

 

ボタンの表示と非表示

ボタンの表示と非表示のサンプルです。

	Private Sub test_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles test.Click

		If Button1.Visible = True Then

			Button1.Visible = False
		Else

			Button1.Visible = True
		End If

	End Sub

5行目は、ボタンを非表示にします。
8行目は、ボタンを非表示します。

ボタンを移動させる

ボタンの表示と非表示のサンプルです。

	Private Sub test_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles test.Click

		If Button1.Top = 50 Then

			Button1.Top = 20
			Button1.Left = 20
		Else

			Button1.Top = 50
			Button1.Left = 50
		End If

	End Sub

ボタンの移動は、TopプロパティとLeftプロパティに数値を指定します。
5,6行目は左上に、9,10行目は右下に移動します。

ボタンの大きさを変更する

ボタンの大きさを変更するサンプルです。

	Private Sub test_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles test.Click

		If Button1.Width = 100 Then

			Button1.Width = 60
			Button1.Height = 20
		Else

			Button1.Width = 100
			Button1.Height = 40
		End If

	End Sub

ボタンの大きさは、WidthプロパティとHeightプロパティに数値を指定します。
5,6行目より9,10行目のほうがボタンは大きくなります。

ボタンを非活性/活性にする

ボタンを非活性/活性にするサンプルです。

	Private Sub test_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles test.Click

		If Button1.Enabled = True Then

			Button1.Enabled = False
		Else

			Button1.Enabled = True
		End If

	End Sub

5行目は、Enabledプロパティでボタンを非活性にします。
8行目は、ボタンを活性にします。

ボタンにフォーカスをあてるサンプル

ボタンにフォーカスをあてるサンプルです。

	Private Sub test_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles test.Click

		Button1.Focus()

	End Sub

3行目は、ボタンにFocusメソッドでフォーカスをあてます。

関連の記事

VB ラジオボタンの作成のサンプル

△上に戻る