VB ラジオボタンの作成のサンプル

VBのフォームアプリケーションのラジオボタンの作成のサンプルです。

確認環境
・Visual Studio Community 2019

目次

手順 ラジオボタンの作成方法
  部品の名称を変更する+ラジオボタンの初期値をセットする
  コードでラジオボタンの状態を取得する

ラジオボタンの作成方法

ラジオボタンの作成方法です。

ツールボックスからRadioButtonをフォームにドラッグアンドドロップします。

ラジオボタンをまとめたい場合や複数のグループに分けたい場合は、GroupBoxまたはPanelをドラッグアンドドロップしその中にラジオボタンを配置します。

以下の上部分がGroupBoxで下部分がPanelです。

GroupBoxは、ラジオボタンの周りに線が表示されます。
Panelは、ラジオボタンの周りに線は表示されません。

部品の名称を変更する+ラジオボタンの初期値をセットする

部品をクリックすると右下にプロパティが表示されます。

部品の名称を変更する場合は、プロパティ→表示→Textの入力欄を変更します。
初期値は、プロパティ→表示→CheckedをTrueにします。

コードでラジオボタンの状態を取得する

コードでラジオボタンの状態を取得するサンプルです。

	Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

		If RadioButton1.Checked = True Then

			MsgBox("1つめがチェックされました")

		End If
	End Sub

3行目は、ラジオボタンのNameに対してCheckedで判定しています。Trueは選択状態です。

Nameは、プロパティのデザインの(Name)の入力欄にあります。

関連の記事

VB.NET If文のサンプル
VB.NET Select Case文のサンプル(switch文)
VB.NET For文のサンプル(Exit/Continue)

△上に戻る