H2データベースのインストールとSQLを実行する手順(Windows10)

H2データベースのインストールとサンプルのSQLを実行する手順です。

確認環境
・Windows 10
・Google Chrome
・H2 Database 1.4.197

目次

H2データベースを取得する

1.H2データベースのインストーラーを取得します。
H2データベースの公式サイトにアクセスして「Windows Installer」をクリックします。
「h2-setup-2018-03-18.exe」を取得しました。

http://www.h2database.com/html/main.html

 

H2データベースをインストールする

H2データベースをインストールします。

1.ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックします。
セットアップウィザードが表示されます。

2.インストール先のフォルダを指定します。

 

3.スタートメニューフォルダを設定します。デフォルトで問題ありません。
インストールボタンを押すとH2データベースがインストールされます。

 

H2データベースにログインする

H2データベースにログインします。
H2データベースは、ブラウザで操作できます。

1.スタートメニューから「H2」→「H2 Console」をクリックします。

 

2.ブラウザにログイン画面が表示されます。
左上のセレクトボックスで表示する言語を選択できます。

 

3.上部分にある「保存済設定」をクリックするとH2(Server)またはH2(Embedded)を選択できます。
下部分にある「接続」ボタンをクリックするとログインできます。

 

サンプルのSQLを実行する

サンプルのSQLを実行します。

1.画面下部の「SQLステートメントのサンプル」にある青い文字列をクリックすると、上部のテキスト入力欄にSQLがコピペされます。

コピペされたSQLは、最初にテーブルがドロップされ、次に「TEST」テーブルが作成され、データが2件インサートされ・・・のように記述されています。

 

2.実行ボタンを押すと上記手順で入力されたテキスト入力欄にあるSQLが実行されます。
SQLの実行結果が画面下部(下の赤枠の部分)に表示されます。

関連の記事

SQL INSERT文のサンプル
SQL UPDATE文とDELETE文のサンプル
SQL 重複行を表示しないサンプル(distinct)
SQL 複数の行をまとめる(集約関数/group by/having)

△上に戻る