Tera Term ログの取り方とログ名に日時をデフォルト表示

Tera Termでログと取り方とログ名にデフォルト日時を表示する方法です。

確認環境
・Windows10
・teraterm-4.93

目次

操作するログを取得する方法

操作するログを取得する方法です。
この手順を行った後にコマンドを入力するとそのコマンドがログファイルに書き込まれます。

1.「ファイル」→「ログ」をクリックします。

※ログを取得中の場合、「ログ」の文字は非活性です。

 

2.保存場所とファイル名を指定し、保存ボタンを押します。
操作したログが保存されるようになります。

ダイアログ下にあるオプションは、「追記」と「プレーンテキスト」にチェックが入っています。

 

ログの自動保存の設定を行う方法

ログの自動保存の設定を行う方法です。

1.「設定」→「その他の設定」をクリックします。

 

2.「ログ」タブをクリックし、「標準のログ保存先フォルダ」を指定し、「自動的にログ採取を開始する」にチェックを入れOKボタンを押します。

 

3.設定を保存します。

設定を保存する方法は以下を参照ください。
Tera Term 設定を保存する方法

 

4.次回のTera Term起動時から自動でログが保存されます。

 

ログのファイル名に日時をデフォルト表示する

ログのファイル名に日時をデフォルト表示する方法です。

「ログ」タブの「標準ログファイル名(strftimeフォーマット可)にファイル名を入力します。

strftimeフォーマットという形式で入力します。

%Y%m%d_%H%M%S.log

%Y%m%d_%H%M%S.logのように設定すると年月日_時分秒.logのファイルが生成されます。
(例:20190311_073114.log)

以下は、Tera Term ヘルプのログファイル名で使用できるstrftimeの書式のリンクです。
https://ttssh2.osdn.jp/manual/ja/menu/setup-additional.html#LogDefaultName

 

ログ用の表示エディタを変更する

ログ用の表示エディタを変更する方法です。

「ログ」タブの「ログ表示用エディタ」で使用するエディタを指定できます。

 

操作中のログを表示する

操作中のログを表示する方法です。

1.「ファイル」→「ログを表示」をクリックします。

 

2.操作中のログが表示されます。

 

(参考)右クリックでの貼付けを無効にする

「その他の設定」の「コピーと貼り付け」タブで右クリックでの貼付けを無効にできます。
誤クリックを防ぎます。

関連の記事

Tera Term 日本語化する方法
Tera Term 設定を保存する方法
Tera Term マクロで自動ログインを行うサンプル

△上に戻る