RAIDとは(よく使われるRAIDのまとめ)

RAIDは、レイドと読みます。Redundant Arrays of Inexpensive Disksの略です。
複数のディスクを使用して故障への対策や速度を向上させます。

目次

説明 RAID0 (ストライピング)
  RAID1 (ミラーリング)
  RAID5 (パリティ1つ)
  RAID6 (パリティ2つ)
  RAID10 (Raid1 + Raid0:ミラーリングとストライピング)

RAID0 (ストライピング)

  • データを複数台のディスクに分散して書き込みます。
    →書き込み・読み込みとも高速化されます。
  • ストライピング(striping)と呼ばれます。
  • ディスクの数が多いほど高速化します。
  • 1台でも故障するとデータが失われます。
    →故障すると復旧できません。

RAID1 (ミラーリング)

  • 同じデータを複数のディスクに書き込みます。
    →信頼性が上がります。
  • ミラーリング(mirroring)と呼ばれます。
  • 1台故障しても継続して使用できます。
  • 故障した場合、復旧時間は短いです。復旧作業の負荷も小さいです。
  • 信頼性を上げたい場合に選択します。

RAID5 (パリティ1つ)

  • 速度を上げつつパリティで故障対策もしています。
  • 最低3台のディスクが必要です。ディスクの数が多いほど高速化します。
  • 1台故障しても継続できます。同時に2台故障するとデータが失われます。
  • 故障した場合、パリティがあるため復旧時間は長く復旧作業の負荷は大きいです。
  • ある程度の信頼性と速度にしたいときに選択します。

RAID6 (パリティ2つ)

  • パリティを2重に生成し2台に分散して保存しています。
    →Raid5の信頼性をさらに向上させています。
  • 最低4台のディスクが必要です。ディスクの数が多いほど高速化します。
  • 2台故障しても継続できます。3台目が故障するとデータが失われます。
  • 故障した場合、パリティがあるため復旧時間は長く復旧作業の負荷は大きいです。
  • Raid5の速度で、Raid5よりも信頼性を上げたいときに選択します。

RAID10 (Raid1 + Raid0:ミラーリングとストライピング)

  • Raid1でミラーリングしたものに対して、Raid0のストライピングを行っています。
    →Raid1の信頼性とRaid0の高速化があります。
  • 最低4台のディスクが必要です。ディスクの数が多いほど高速化します。
  • ミラーリングしている1台が故障しても継続できます。
  • ミラーリングしている2台ともが故障するとデータが失われます。
  • 故障した場合、パリティがないため復旧時間は短く復旧作業の負荷も小さいです。
  • 信頼性と速度がほしいときに選択します。ただし費用もかかります。

以下は、WikipediaのRAIDのリンクです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/RAID

関連の記事

レンタルサーバーでブログを始める時の手順

△上に戻る