PowerShell ISE ファイルでHello World

PowerShell ISEでファイルからHello Worldを表示するサンプルです。(確認環境:Windows10)

目次

説明 PowerShell ISEとは(PowerShellの違い)
1.読み込むスクリプトファイル
2.PowerShell ISEの起動とポリシーの変更
3.スクリプトファイルの実行と確認
PowerShellのバージョンを確認する
コメントの書き方
コードを改行して表示する

PowerShell ISEとは(PowerShellの違い)

  • PowerShell ISEはGUIで、PowerShellの機能に加えスクリプトファイルを表示してコードの修正や実行やデバッグができます。
  • PowerShellはCUIでコマンドの実行やプログラムの実行ができます。
  • スクリプトファイルの拡張子は、ps1です。
  • Windows10では標準で入っています。
  • ISEは、Integrated Scripting Environmentの略です。
  • ※PowerShellのコードの記述と実行はVisual Studio Codeでも可能です。
  • 以下は、MicrosoftのWindows PowerShell ISEのリンクです。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/scripting/windows-powershell/ise/introducing-the-windows-powershell-ise?view=powershell-7.2

 

1.読み込むスクリプトファイル

#コメント
Write-Host "Hello World"

Write-Hostは、文字列を出力します。

ファイル名は、test1.ps1です。任意の場所に配置します。

 

2.PowerShell ISEの起動とポリシーの変更

スタートメニューから「Windows PowerShell ISE」を右クリックして「その他」→「管理者として実行」をクリックします。(ファイル実行で「実行ポリシー」を変更する必要があるため)

 

2.ファイルの読み込み

フォルダのアイコンをクリックし上記のtest1.ps1を指定します。

 

3.読み込まれるとコードが表示されます。

上記図の緑の横向きの三角を押すと表示しているtest.ps1が実行されますが、
ポリシーが変更されていない場合、「このシステムではスクリプトの実行が無効になっているため、・・」とうメッセージが表示され実行できません。

 

4.画面下部のコマンド入力欄で以下のコマンドを実行します。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

Set-ExecutionPolicyは、ファイルの実行ポリシーを変更します。

RemoteSignedは、ローカルファイルは実行可能でネットからダウンロードしたファイルは署名(Signed)が必要という意味です。

 

3.スクリプトファイルの実行と確認

1.test.ps1が表示された状態で、緑の横向きの三角をクリックします。

 

2.スクリプトファイルが実行され画面下部に実行結果のHello Worldが表示されます。

 

PowerShellのバージョンを確認する

バージョンの確認配下のコマンドを入力します。

$PSVersionTable

PSVersionがPowerShellのバージョンです。

コメントの書き方

#コメント
Write-Host "Hello World"

コメントは、シャープ(#)です。

コードを改行して表示する

$a = 1
$b = 1

if (($a -eq 1) -and `
    ($b -eq 1)){ 
	Write-Host "true"  # true
}

コードを改行して表示する場合は、4行目のように改行の箇所でバックスラッシュ(`)を入力します。

関連の記事

Windows コマンドプロンプトのコマンド一覧

△上に戻る