PHP ファイルに書き込むサンプル (fwrite/file_put_contents)

PHPのファイルに書き込むサンプルです。
fwrite関数またはfile_put_contents関数を使用します。

確認環境
・PHP 7.1.8
・XAMPP 7.1.8
・Windows 10

目次

fwrite関数

コード

3行目は、ファイルを書き込みでopenしています。2つめの引数「w」は書き込みモードを意味します。
4行目は、文字を書き込んでいます。
5行目は、ファイルをcloseしています。

<?php

$fp = fopen("test1.txt","w");
fwrite($fp, "あいうえお");
fclose($fp);

?>

追記で書き込む場合

ファイルを追記で書き込む場合、fopen関数の2つめの引数を「a」にします。

<?php

$fp = fopen("test1.txt","a");
fwrite($fp, "あいうえお");
fclose($fp);

?>

file_put_contents関数

  • ファイルに書き込みます。
  • 追記はできません。常に新規の書き込みになります。
  • 書き込むファイルがない場合は、新規にファイルを作成します。
  • 以下は、PHPマニュアルのfile_put_contents関数のリンクです。
    http://php.net/manual/ja/function.file-put-contents.php

コード

ファイルに文字を新規で書き込みします。

<?php

file_put_contents("test1.txt", "あいうえお");

?>

関連の記事

PHP フォルダ内のファイルの一覧を取得するサンプル(glob)
PHP CSVを読み込むサンプル (SplFileObject )
PHP 外部のphpファイルを読んで評価するサンプル(include/require)
PHP formのsubmitでファイルをアップロードするサンプル

 はまったらエンジニア特化型Q&Aサイト
【teratail(テラテイル)】で質問しましょう!


△上に戻る