Oracleの基本用語

Oracleの基本用語です。

目次

用語 インスタンス
表領域とデータファイル
ユーザとスキーマ

インスタンス

インスタンスはメモリ領域(SGA)とプロセス(バックグラウンドプロセス)から構成されデータベースを管理します。

インスタンスの配下にはデータベースは1つのみあります。
(SQLServerは1インスタンスに複数のデータベースの構成が可能です)

またインスタンスは1台のサーバに複数作成できます。

SGA(メモリ領域)

共有プールは、SQL文やPL/SQLや実行計画を保持します。
同じSQL文は再利用されます。
バインド変数も共有プールで使用します。

データベース・バッファ・キャッシュは、高速化のためデータをキャッシュします。

REDOログ・バッファは、コミット前の更新の履歴を保持します。コミット時にREDOログ・バッファに書き込みます。

プロセス

DBWn(データベースライター),LGWR(ログライター),CKPT(チェックポイント),PMON(プロセスモニター),SMON(システムモニター),ARCn(アーカイバプロセス)等あります。

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56311/bgprocesses.htm

データベース

データファイルや制御ファイルやREDOログファイル等あります。

リスナー(TNSLSNR)

インスタンスのプロセスとは別に独立していますが、インスタンスとひも付きます。
ユーザプロセス(SQLPlus等)の接続を受けて接続します。

 

表領域とデータファイル

概念図

表領域は論理でデータファイルは物理です。

ブロックは最小単位で、ブロックの塊がエクステントです。

エクステントの塊がセグメントで、テーブルやインデックスにあたります。

表領域には複数のテーブルを作成できます。

 

ユーザとスキーマ

ユーザを作成すると同じ名前のスキーマが自動で作成されます。

スキーマとは、あるユーザが持つテーブル等のオブジェクトの集合です。

DBに接続すると、ログインしたユーザと同じ名前のスキーマに接続され、そのスキーマのすべての権限を持ちます。
そのユーザ以外がそのスキーマにアクセスする場合は権限を付与してもらいかつsql文でもテーブル名の前にスキーマ名を指定します。
select * from dbuser1.syain; (dbuser1スキーマのsyainテーブルにアクセスする)

ユーザーを削除するとスキーマも削除されます。

関連の記事

Oracle SQL Plusを使用するサンプル

△上に戻る