MySQL mysqldumpでテーブル定義やデータをインポート/エクスポートする

MySQLのmysqldumpでテーブル定義やデータをインポートとエクスポートするサンプルです。

確認環境
・XAMPP 7.2.8
・Windows 10

目次

データをエクスポートする

データをエクスポートします。

mysqldump.exeがあるフォルダに移動し以下のコマンドを実行します。
サンプルでは、E:\xampp\mysql\binに移動しました。

mysqldump -u root -p -h localhost testphp syain -t > data1.txt
Enter password:

-h localhostは、ホスト名です。
testphpはデータベス名です。
syainはテーブル名です。
2行目は、パスワードを入力します。
-tとテーブル名を省略すると指定のデータベースの全テーブルのデータをエクスポートします。

以下は、data1.txtの内容です。

<中略>
LOCK TABLES `syain` WRITE;
/*!40000 ALTER TABLE `syain` DISABLE KEYS */;
INSERT INTO `syain` VALUES (1,'suzuki','null'),(2,'tanaka','1'),(3,'kobayashi','2');
/*!40000 ALTER TABLE `syain` ENABLE KEYS */;
UNLOCK TABLES;
/*!40103 SET TIME_ZONE=@OLD_TIME_ZONE */;
<中略>

4行目がデータの部分です。

 

データをインポートする

データをインポートします。

mysql.exeがあるフォルダに移動し以下のコマンドを実行します。
サンプルでは、E:\xampp\mysql\binに移動しました。

mysql -u root -p -h localhost testphp < data1.txt
Enter password:

-h localhostは、ホスト名です。
testphpはデータベス名です。
2行目は、パスワードを入力します。

 

テーブル定義をエクスポートする

テーブル定義をエクスポートします。

mysqldump.exeがあるフォルダに移動し以下のコマンドを実行します。
サンプルでは、E:\xampp\mysql\binに移動しました。

mysqldump -u root -p -h localhost testphp syain -d -n > table1.txt
Enter password:

-h localhostは、ホスト名です。
testphpはデータベス名です。
syainはテーブル名です。
2行目は、パスワードを入力します。
テーブル名を省略するとデータベースの全テーブルの定義をエクスポートします。

以下は、table1.txtの内容です。

DROP TABLE IF EXISTS `syain`;
/*!40101 SET @saved_cs_client     = @@character_set_client */;
/*!40101 SET character_set_client = utf8 */;
CREATE TABLE `syain` (
  `id` int(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `name` varchar(20) NOT NULL,
  `jyoushi` varchar(20) DEFAULT NULL,
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=4 DEFAULT CHARSET=utf8mb4;

1行目がテーブルをドロップしています。
4~9行目はテーブルを作成しています。

 

テーブル定義をインポートする

テーブル定義をインポートします。

mysql.exeがあるフォルダに移動し以下のコマンドを実行します。
サンプルでは、E:\xampp\mysql\binに移動しました。

mysql -u root -p -h localhost testphp < table1.txt
Enter password:

-h localhostは、ホスト名です。
testphpはデータベス名です。
2行目は、パスワードを入力します。

mysqldump のオプションは多数あります。以下を参照願います。
以下は、MySQLのmysqldumpのリンクです。
https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/mysqldump.html

テーブル定義とデータをエクスポートする

テーブル定義とデータをエクスポートします。

mysqldump.exeがあるフォルダに移動し以下のコマンドを実行します。
サンプルでは、E:\xampp\mysql\binに移動しました。

mysqldump -u root -p -h localhost testphp syain > table-data1.txt
Enter password:

-h localhostは、ホスト名です。
testphpはデータベス名です。
syainはテーブル名です。
2行目は、パスワードを入力します。
テーブル名を省略するとデータベースの全テーブルの定義とデータをエクスポートします。

 

テーブル定義とデータをインポートする

テーブル定義とデータをインポートします。

mysql.exeがあるフォルダに移動し以下のコマンドを実行します。
サンプルでは、E:\xampp\mysql\binに移動しました。

mysql -u root -p -h localhost testphp < table-data1.txt
Enter password:

-h localhostは、ホスト名です。
testphpはデータベス名です。
2行目は、パスワードを入力します。

関連の記事

MySQL WorkbenchのインストールとXAMPPへ接続する手順

△上に戻る