Kotlin バイト配列の作成と復号のサンプル(toByteArray)

Kotlinのバイト配列の作成と復号のサンプルです。

目次

サンプル 文字列からバイト配列を作成する
  バイト配列を復号化して文字列を作成する

文字列からバイト配列を作成する

  • toByteArrayメソッドは、文字列をバイト配列にします。
  • UTF8に変換します。
  • バイト配列は、データ型がバイト(byte)型で値が-128~127までの数値です。
fun main(args: Array<String>) {
    val str1 = "あA1"
    val charset = Charsets.UTF_8

    // 文字列をバイト配列に変換
    val ar1 = str1.toByteArray(charset)
    for (b1 in ar1) {
        println(b1)
        //-29 -127 -126 65 49
    }
}

6行目は、toByteArrayメソッドで文字列をバイト配列にしています。
toByteArrayメソッドの引数は、UTF_8を指定しています。

以下はKotlinのtoByteArrayメソッドのリンクです。
https://kotlinlang.org/api/latest/jvm/stdlib/kotlin.text/to-byte-array.html

 

バイト配列を復号化して文字列を作成する

  • Stringクラスのコンストラクタでバイト配列を復号化し新しいStringを生成します。
  • 1つめの引数はバイト配列で2つめの引数は、復号化で使用する文字コードです。
  • バイト配列とは、データ型がバイト(byte)型で値が-128~127までの配列です。
fun main(args: Array<String>) {
    val charset = Charsets.UTF_8
    val b1 = byteArrayOf(-29, -127, -126, 65, 49)

    // バイト配列を文字列に変換
    val str1 = String(b1, charset) //UTF-8

    println(str1) //あA1
}

UTF8でバイト配列を復号化しています。

以下はKotlin8 API仕様のStringクラスのコンストラクタのリンクです。
https://kotlinlang.org/api/latest/jvm/stdlib/kotlin/-string/

関連の記事

Kotlin substring 文字列を切り出す

△上に戻る