kotlin 文字列を結合する(StringBuilder/+/join)

kotlinの文字列を結合するサンプルです。

目次

文字列を結合 StringBuilderで結合する
  +演算子で結合する
  joinで結合する

StringBuilderで結合する

StringBuilderで文字列を結合するサンプルです。

fun main() {
    val s1 = "あいう"
    val s2 = "えお"

    val sb = StringBuilder()
    sb.append(s1)
    sb.append(s2)
    println(sb.toString()) // あいうえお

    val s3 = 100
    sb.append(s3)
    println(sb.toString()) // あいうえお100
}

11行目は、int型の値を結合しています。

 

+演算子で結合する

文字列 + 文字列

+演算子でも文字列を結合できます。

fun main() {
    System.out.println("ab" + "c");// abc
}

 

joinで結合する

public static String join(CharSequence delimiter, CharSequence... elements)
  • 指定された引数で文字列を結合します。
  • 1つ目の引数は区切り文字です。
  • 2つ目の引数は結合する文字列です。任意の数を指定できます。
  • 配列とリストの各値も結合できます。
import java.lang.String
import java.util.Arrays

fun main() {
    val a = String.join("", "あい", "うえ", "お")
    println(a) // あいうえお

    val b = String.join("-", "あい", "うえ", "お")
    println(b) // あい-うえ-お

    // 配列の各値を結合
    val colors1 = arrayOf("赤", "黄", "青")
    val c = String.join("-", *colors1)
    println(c) // 赤-黄-青

    // リストの各値を結合
    val colors2 = Arrays.asList(*colors1)
    val d = String.join("+", colors2)
    println(d) // 赤+黄+青
}

5,8行目は文字列リテラルをjoinメソッドで結合しています。
13行目は配列の値を結合しています。
17行目は配列をリストに変換しています。
18行目はリストのそれぞれの値を+で結合しています。

関連の記事

Kotlin 文字列の位置を取得(indexOf/lastIndexOf)
Kotlin 文字列を切り出す(substring)

△上に戻る