[Kotlin] replace 文字列を置換するサンプル

Kotlinの文字列を置換するサンプルサンプルです。

目次

サンプル replaceとは
  文字列を置き換える
  指定した文字や空白を削除する
  正規表現で文字を置き換える

replaceとは

1つめの引数の文字列を2つめの引数の文字列に置き換えます。

以下は、Kotlin公式のreplaceのリンクです。
https://kotlinlang.org/api/latest/jvm/stdlib/kotlin.text/replace.html

文字列を置き換える(replace)

fun main() {
    val str1 = "あいうーあいう"

    println(str1.replace("あ", "A")) // AいうーAいう

    println(str1.replace("あい", "A")) // AうーAう
    println(str1.replace("あ", "AB")) // ABいうーABいう
    println(str1.replace("あい", "AB")) // ABうーABう
}

4行目は、指定した1文字を別の1文字に全て置き換えます。
6~8行目は、文字列で置き換えています。

指定した文字や空白を削除する

fun main() {
    val str1 = "あいうえお"
    println(str1.replace("う", "")) // あいえお

    // 半角空白あり(△あ△い△う△ +1△△)
    val str2 = " あ い う +1  "
    println(str2.replace(" ", "")) // あいう+1
    println(str2.replace(" ", "").length) // 5
}

3行目は、1つめの引数の文字を削除しています。
7行目は、半角スペースを削除しています。

正規表現で文字を置き換える

fun main() {
    val str1 = "あいうーあいう"
    var re1 = "[あう]".toRegex()
    println(str1.replace(re1, "a")) // aいaーaいa

    val str2 = "--12345--"
    var re2 = "[0-9]{5}".toRegex()
    println(str2.replace(re2, "*****")) // --*****--
}

2行目の[あう]は、「あ」または「う」を意味する正規表現です。
7行目の[0-9]{5}は、数値0から9の5桁を意味する正規表現です。

関連の記事

[Kotlin] substring 文字列を切り出す
[Kotlin] split 文字列を分割してリストにする

△上に戻る