[Kotlin] isEmpty 空文字を確認する

Kotlinの文字列が空文字か確認するサンプルです。

目次

サンプル 空文字を確認する(isEmpty)
  空文字とnullを確認(isNullOrEmpty)
  空文字とnullと半角空白を確認(isNullOrBlank)

空文字を確認する(isEmpty)

  • isEmptyは、文字列が空文字(からもじ)の場合trueを返し、それ以外はfalseを返します。
  • 空文字とは、長さが0の文字列です。
  • 値がnullの場合は、NullPointerExceptionが発生します。
fun main() {
    // 空文字のとき
    val a = ""
    if (a.isEmpty()) {
        println("true") // trueが出力される
    }
    // 空文字でない
    val b = "あいう えお"
    if (b.isEmpty()) {
        println("true")
    } else {
        println("false") // falseが出力される
    }
    // nullのとき
    val c: String? = null
    if (c!!.isEmpty()) { // NullPointerExceptionの例外が発生
        println("true")
    }
}

15行目は、String型の後ろに?をつけてnullをセットできるようにしています。

空文字とnullを確認(isNullOrEmpty)

  • isNullOrEmptyは、文字列が空文字またはnullの場合はtrueを返し、それ以外はfalseを返します。
  • 値がnullの場合でもNullPointerExceptionが発生しません。上記のisEmptyメソッドとの違いです。
fun main() {
    // 空文字のとき
    val a = ""
    if (a.isNullOrEmpty()) {
        println("true") // trueが出力される
    }
    // 空文字でない
    val b = "あいう えお"
    if (b.isNullOrEmpty()) {
        println("true")
    } else {
        println("false") // falseが出力される
    }
    // nullのとき
    val c: String? = null
    if (c.isNullOrEmpty()) {
        println("true") // trueが出力される
    }
}

isNullOrEmptyメソッドは、値がNullでもNullポインタの例外は発生しません。trueを返します。

空文字とnullと半角空白を確認(isNullOrBlank)

  • isNullOrBlankは、文字列が空文字またはnullまたは半角スペースの場合はtrueを返し、それ以外はfalseを返します。半角スペースが上記のisNullOrEmptyメソッドと異なります。
  • 値がnullの場合でもNullPointerExceptionが発生しません。
fun main() {
    // 空文字のとき
    val a = ""
    if (a.isNullOrBlank()) {
        println("true") // trueが出力される
    }
    // 空文字でない
    val b = "あいう えお"
    if (b.isNullOrBlank()) {
        println("true")
    } else {
        println("false") // falseが出力される
    }
    // nullのとき
    val c: String? = null
    if (c.isNullOrBlank()) {
        println("true") // trueが出力される
    }
    // 半角スペースのとき
    val d = " "
    if (d.isNullOrBlank()) {
        println("true") // trueが出力される
    }
}

関連の記事

[Kotlin] indexOf 文字列の位置を取得
[Kotlin] substring 文字列を切り出す

△上に戻る