JavaScript JSON文字列をオブジェクトにする(parse)

JavaScriptのJSON文字列をオブジェクトにするサンプルです。
parseメソッドを使用します。

確認環境
・Windows10
・Google Chrome

目次

parseメソッド

変数 = JSON.parse(JSON文字列 [, 関数])

 

JSON文字列をJavaScriptのオブジェクトにする

JSON文字列をJavaScriptのオブジェクトにするサンプルです。

<script>
const json1 = '{"color1":"赤","color2":"青"}';

const obj1 = JSON.parse(json1);

console.log(obj1.color1); //赤

console.log(obj1["color1"]); //赤

</script>

2行目は、JSON文字列です。
4行目は、parseメソッドでJSON文字列をJavaScriptのオブジェクトにしています。
6,8行目は、オブジェクトのキーを指定して値を表示しています。

 

関数を使用する

関数でキーを指定して値を変更するサンプルです。

<script>
const json1 = '{"color1":"赤","color2":"青"}';

const a = JSON.parse(json1,(key,value)=>{
	if (key=="color1") {
		return "red" ;
	}
	return value ;

} ) ;

console.log(a); //{color1: "red", color2: "青"}

</script>

2行目は、JSON文字列です。
4行目は、parseメソッドの2つめの引数は関数です。
5-8行目は、キーがcolor1のとき、値をredで返し、それ以外はそのまま返します。
12行目は、指定したキー(color1)の値のみが変更されています。

関連の記事

JavaScript オブジェクトを作成するサンプル
JavaScript prototypeでメソッドを追加するサンプル
JavaScript 継承のサンプル(プロトタイプチェーン)
JavaScript 連想配列のサンプル
JavaScript オブジェクトをJSON文字列にする(stringify)

△上に戻る