JavaScript consoleオブジェクトのメソッドのサンプル

JavaScriptのconsoleオブジェクトのメソッドのサンプルです。

目次

consoleに文字を表示する(log/info/warn/error)

consoleに文字を表示するサンプルです。

<script>
	
	console.log("log");

	console.info("info");

	console.warn("warn");

	console.error("error");

</script>

3行目から、log,info,warn,errorメソッドです。引数の文字列を表示します。

以下は、上記コードを実行したときのChromeブラウザで見たときの図です。
warnは黄色、errorは赤になっています。

 

スタックトレースを出力する(trace)

スタックトレースを出力するサンプルです。

<script>
	
function test1(){		
	test2();
}

function test2() {
	test3();
}

function test3() {
	console.trace();
}

test1();

</script>

12行目は、traceメソッドです。このtraceメソッドが呼び出されるまでに至った関数がわかります。
15行目から始まり、test1→test2→test3という経路です。

以下は、上記コードを実行したときのChromeブラウザで見たときの図です。
スタックトレースは、新しいものが上に表示され古いものが下に表示されます。
test1、test2、test3を経てきたことがわかります。

 

処理時間を計測する(time/timeEnd)

処理時間を計測するサンプルです。

<script>
	
console.time("タイマー");

for(var i = 0;i<5;i++){
	console.log(i);
}

console.timeEnd("タイマー");

</script>

timeメソッドとtimeEndの間の処理時間を計測します。
引数は、タイマー名です。timeメソッドとtimeEndメソッドで同じものにします。

以下は、上記コードを実行したときのChromeブラウザで見たときの図です。
タイマー名と掛かった時間が表示されます。

consoleオブジェクト

関連の記事

JavaScript ウィンドウ/ダイアログを開くサンプル(windowオブジェクト)
JavaScriptの動かし方とconsole.logの確認方法

△上に戻る