jQuery 属性値を取得/設定/削除する(attr/removeAttr)

jQueryの属性値を取得/設定/削除するサンプルです。
attrメソッドとremoveAttrメソッドを使用します。

目次

説明 attrメソッド(属性値を取得する/設定する)
取得/設定 属性値を取得/設定する(attrメソッド)
  画面遷移する
  複数の属性を同時に設定する
  attrメソッドに関数を設定する
削除 属性を削除する(removeAttrメソッド)

attrメソッド(属性値を取得する/設定する)

.attr(attributeName)  // 取得
.attr(attributeName, value)  // 設定
  • attrメソッドは、引数の属性名から属性値を取得します。
  • 1つめの引数に属性を指定し、2つめの引数に属性値を指定すると属性値を設定できます。
    →新規の属性の場合は属性自体を追加します。
    →属性が既にある場合は属性値を変更します。

属性と属性値とは?

以下にテキストボックスのhtmlがあるとします。(input type="text"です)

<input type="text" id="text1" value="赤" maxlength="5">

このとき属性と属性値は、黄色の箇所が属性でその右横にあるのが属性値です。inputは要素です。

要素・・・input
属性・・・type,id,value,maxlength
属性値・・・text,text1,赤,5

attrメソッドの引数に属性を指定すると、属性値を取得できます。
※id="text1"はIDセレクタとして使用します。ID名はHTML文書内で一意のため。

$("#text1").attr("type"); → textを取得
$("#text1").attr("value"); → 赤を取得
$("#text1").attr("maxlength"); → 5を取得

attrメソッドの1つめの引数に属性を指定し、2つめの引数に属性値を指定すると、属性値を設定できます。

$("#text1").attr("type","属性値");
$("#text1").attr("value","属性値");
$("#text1").attr("maxlength","属性値");

 

属性値を取得/設定するサンプル(attrメソッド)

ボタンを押すとテキストボックスの値が変わります。
attrメソッドでvalueの属性値を取得/設定しています。

コード

上記サンプルのコードです。

<input type="text" id="text1" value="赤" maxlength="5" disabled>
<input type="button" id="button1" value="ボタン1" >

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>

<script>

	$("#button1").click(function() {
		// 属性値を取得
		const str1 = $("#text1").attr("value");
		// 属性値を設定
		if(str1==="赤"){
			$("#text1").attr("value","青");
		}else{
			$("#text1").attr("value","赤");
		}
	});

</script>

10行目は、IDセレクタ(#text1)で対象を特定(1行目)しattrメソッドで属性のvalueを指定して属性値を取得しています。
13,15行目は、IDセレクタ(#text1)で対象を特定(1行目)しattrメソッドで属性と属性値を指定して属性値を設定しています。

 

画面遷移する

<input type="button" id="button1" value="ボタン1" >

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>
<script>

  $("#button1").click(function() {
    // 指定のURLに移動
    $(location).attr("href","http://www.example.com");
    //location.href = "http://www.example.com";
  });

</script>

8行目は、指定のURLに画面遷移します。
9行目は、8行目と同じ意味で指定のURLに移動します。

 

複数の属性を同時に設定する

<script>

  $("#button1").click(function() {
      // 属性値を設定
      $("#text1").attr({
        maxlength:10,
        value:"青"
      });
  });

</script>

6,7行目は、maxlengthとvalueの値を同時にセットしています。

 

attrメソッドに関数を設定する

<script>

  $("#button1").click(function() {
    // 属性値を設定
    $("#text1").attr(
      "value",function(){
        return "青";
    });
  });

</script>

6行のattrメソッドの2つめの引数は、関数です。
戻り値が属性値として設定されます。

 

属性を削除する(removeAttrメソッド)

.removeAttr(attributeName)

属性の削除はremoveAttrメソッドを使用します。

<script>

	$("#button1").click(function() {
		$("#text1").removeAttr("maxlength");
	});

</script>

4行目は、removeAttrメソッドで属性のmaxlengthを削除しています。

以下はjQueryサイトのattrメソッドのリンクです。
http://api.jquery.com/attr/

関連の記事

jQuery textメソッドとhtmlメソッドの違いのサンプル
Query 繰り返し処理を行うサンプル(each)
jQuery findメソッドで子孫要素を操作する
jQuery oneメソッドで一度だけ実行する
jQuery Deferredオブジェクトのサンプル
jQuery onで複数のイベントリスナを登録

△上に戻る