Java 2次元配列のサンプル

Javaの2次元配列のサンプルです。

目次 2次元配列のサンプル
for文で取得する
ループで2次元配列を作成

2次元配列のサンプル

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		String[][] arr1 = { 
				{ "赤", "黄", "青" }, 
				{ "緑", "白", "黒" } 
			};
		System.out.println(arr1.length); // 2
		System.out.println(arr1[0].length); // 3
		
		System.out.println(arr1[0][0]); // 赤
		System.out.println(arr1[0][1]); // 黄
		System.out.println(arr1[0][2]); // 青
		System.out.println(arr1[1][0]); // 緑
		System.out.println(arr1[1][1]); // 白
		System.out.println(arr1[1][2]); // 黒
	}
}

9行目のlengthは、行の数を取得します。
10行目は、1つの行の中の要素の数を取得します。

for文で取得する

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		String[][] arr1 = { 
				{ "赤", "黄", "青" }, 
				{ "緑", "白", "黒" } 
			};
		for (int i = 0; i < arr1.length; i++) {
			for (int j = 0; j < arr1[0].length; j++) {
				System.out.println(arr1[i][j]); //	
			}
		}
	}
}

11行目は、個別の値で赤,黄,青,緑,白,黒が表示されます。

ループで2次元配列を作成

For文のループで2次元配列を作成するサンプルです。

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		int[][] arr1 = new int[2][3];
		int num = 1;
		
		for (int i = 0; i < arr1.length; i++) {
			for (int j = 0; j < arr1[0].length; j++) {
				arr1[i][j] = num;
				num = num + 1;
			}
		}
		System.out.println(arr1[0][0]); // 1
		System.out.println(arr1[0][1]); // 2
		System.out.println(arr1[0][2]); // 3
		System.out.println(arr1[1][0]); // 4
		System.out.println(arr1[1][1]); // 5
		System.out.println(arr1[1][2]); // 6
	}
}

10行目は、2次元配列に数値を設定しています。

関連の記事

Java 配列の仕組みと使い方のサンプル

△上に戻る