SpringBoot hello worldを表示するサンプル

Spring Bootでhello worldを表示するサンプルです。
(確認環境:Spring Boot 2.5,JDK 11,STS 4)

手順 環境
  1.プロジェクトを作成する
  2.クラスを作成する
  3.クラスのコードを記述する
  4.アプリを起動し画面へ表示する
参考 ポート番号を変更する
  コードを修正して再実行する
  pom.xmlとエラーが発生する場合

環境

STS(Spring Tool Suite)をインストールする場合は以下を参照願います。
Spring Tool Suite 4(STS)をインストールする手順

githubにコードがあります。
https://github.com/ut23405/springboot/tree/master/springboot-hello

1.プロジェクトを作成する

Spring Bootのプロジェクトを作成します。

1.「ファイル」→「新規」→「Springスターター・プロジェクト」をクリックします。

または、「ファイル」→「新規」→「その他」→「Spring Boot」→「Spring スターター・プロジェクト」をクリックします。

 

2.「名前」の欄にプロジェクト名を入力します。「次へ」をクリックします。

 

3.「Web」→「Spring Web」にチェックを入れます。「次へ」をクリックします。

 

4.何もせず完了をクリックします。
各フォルダが展開されるまで時間がかかる場合があります。
右下にパーセンテージがでるので完了するまで待ちます

 

5.以下は完成の状態です。

 

2.クラスを作成する

クラスを作成します。

1.パッケージの箇所で右クリックして、「新規」→「クラス」をクリックします。

 

2.「名前」の欄にクラス名のTest1を入力して完了ボタンを押します。
クラスが作成されます。

 

3.クラスのコードを記述する

クラスのコードを記述します。
ピンクの行を追記します。

package com.example.demo;

import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
public class Test1 {

	@GetMapping("/test1")
	public String write1() {
		return "Hello World1";
	}
}

6行目の@RestControllerについて

9行目の@GetMappingは@RequestMapping(method = RequestMethod.GET)と同じ意味です。

 

4.アプリを起動し画面へ表示する

アプリを起動します。

1.プロジェクトを右クリックします。

 

2.ダイアログの「Run As」から「Spring Boot App」をクリックすると起動します。
コンソールに起動のログが表示されます。

 

3.ブラウザのURL欄に以下のURLを入力して実行すると上記コードの11行目の文字列が表示されます。8080はポート番号です。

http://localhost:8080/test1
http://localhost:8765/test1  (application.propertiesのポート番号を設定した場合)

 

ポート番号を変更する

propertiesファイルの場合

src/main/resources 配下のapplication.propertiesに
server.port =ポート番号を記述します。

例:server.port = 8765

ymlファイルの場合(application.yml)

server:
  port: 8765

コロンで区切って指定します。

コードを修正して再実行する

コードを修正して再実行するには、停止のアイコンで停止してしてから再度Spring Bootアプリケーションを実行します。

以下の修正をすると変更のみで画面に反映されるようになります。

1.pom.xmlのdependenciesの箇所に以下の2-6行目を追記します。

<dependencies>
	<dependency>
		<groupId>org.springframework.boot</groupId>
		<artifactId>spring-boot-devtools</artifactId>
		<optional>true</optional>
	</dependency>
</dependencies>

https://docs.spring.io/spring-boot/docs/current/reference/html/using-boot-devtools.html

2.Spring Bootアプリケーションを再起動します。

3.コードを修正して保存すると画面に反映されます。

 

pom.xmlとエラーが発生する場合

作成直後のpom.xmlは以下のようにspring-boot-starter-webとspring-boot-starter-testが入っています。

	<dependencies>
		<dependency>
			<groupId>org.springframework.boot</groupId>
			<artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
		</dependency>
		<dependency>
			<groupId>org.springframework.boot</groupId>
			<artifactId>spring-boot-starter-test</artifactId>
			<scope>test</scope>
		</dependency>
	</dependencies>

エラーが発生する場合

pom.xmlを右クリックして、Maven→プロジェクトの更新(Update Project)→対象のプロジェクトを選択しスナップショット/リリースの更新を強制(Force Update of Snapshots/Releases)にチェックを入れOKボタンを押したところ解消されました。

関連の記事

Spring Tool Suite 4(STS)をインストールする手順
SpringBoot フォームの値を別画面に渡す
SpringBoot DI(依存性の注入)のサンプル
SpringBoot AOPのサンプル

△上に戻る