Java jardescからjarを作成するサンプル

Javaのjardescからjarを作成するサンプルです。
(確認環境:Java 8,Eclipse 4.8,Windows10)

目次

サンプル jardesc(ジャーデスク)ファイルを作成する
jardescファイルの使い方

jardesc(ジャーデスク)ファイルを作成する

以下のTest1.javaのjardesc(ジャーデスク)ファイルを作成します。

コード(Test1.java)

package test1;

public class Test1 {

	public static void main(String[] args) {
		System.out.println("Hello World" + args[0]);
	}
}

jardescファイルとは

jardescファイルの右クリックからjarファイルを作成できます。

 

1.プロジェクトを右クリックし「エクスポート」をクリックします。

 

2.「JARファイル」を選択し次へをクリックします。

 

3.「このJARの記述をワークスペースに保存」にチェックを入れ、jardescファイルを入力します。

 

4.「マニフェスト・ファイルを生成」にチェックを入れ、アプリケーションのエントリー・ポイントのクラスを指定にメインクラスを入力します。

エントリポイントがない場合以下のメッセージが表示されます。

「D:\testJar1.jarにメイン・マニフェスト属性がありません」

マニフェストファイルとは

jarファイルを動かすのに必要なファイルです。jarコマンドで確認できます。

jar tvf ファイル.jar

MANIFEST.MFファイル

Manifest-Version: 1.0
Main-Class: test1.Test1

2行目は、エントリポイントが記述されています。

 

5.jardescファイルが作成されました。

 

jardescファイルの使い方

jardescファイルを右クリックして「JARの作成」をクリックすると、上記で指定したjarファイルが作成されます。

関連の記事

Java Eclipseでjarを作成しHello Worldを表示

△上に戻る