Java エスケープシーケンスのサンプル

Javaのエスケープシーケンスのサンプルです。

目次

エスケープシーケンス

  • エスケープシーケンスは、指定した文字に特殊な意味を持たせます。
  • 特殊な意味を持たせたい文字の前に円記号(バックスラッシュ)を付けます。
  • バックスラッシュ(円記号)の文字コードは、shift-jisでは0x5C、UnicodeではU+005Cです。

エスケープシーケンスの一覧

主なエスケープシーケンスの一覧です。

文字 説明
\" ダブルコーテーション 
\t タブ
\\ バックスラッシュ
\n 改行 (LF)
\XXX ASCII文字を表示
XXXは3桁の8進数です。\101はAと表示されます。
\uxxxx Unicode文字を表示
xxxxは4桁の16進数です。\u0041はAと表示されます。

コード

エスケープシーケンスのサンプルです。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		// ダブルコーテーションを表示
		System.out.println("あいう\"えお"); // あいう"えお
		
		// タブを表示 
		System.out.println("あいう\tえお"); // あいう	えお
		
		// バックスラッシュを表示
		System.out.println("あいう\\えお"); // あいう\えお
		
		// 改行を行う
		System.out.println("あいう\nえお"); // 「う」の後に改行が入る
		
		// 円記号(バックスラッシュ)と8進数3桁を指定
		System.out.println("\101"); // A
		System.out.println("\101\102"); // AB
		
		// 記号(バックスラッシュ)とuと16進数4桁を指定
		System.out.println("\u0041"); // A
		System.out.println("\u0041\u0042"); // AB
 	}
}

7行目は、ダブルコーテーションをエスケープしています。
文字列の開始と終了の機能ではなく、文字として表示しています。

シングルコーテーションとダブルコーテーションで囲んだときの挙動の違い

シングルコーテーションとダブルコーテーションで囲んだときの挙動の違いです。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		System.out.println('あ');  // あ
//		System.out.println('あいう'); // 
		
		System.out.println("あいう");  // あいう
 	}
}

6,7行目は、シングルコーテーションで括っています。文字リテラルのみ表示できます。
そのため6行目は文字が表示され7行目はコンパイルエラーになります。
9行目は、ダブルコーテーションで括っています。文字列リテラルを表示できます。

関連の記事

UnicodeとUTF-16とUTF-8の違い(秀丸で文字コードを確認)
秀丸 カーソルで文字コードを表示する方法
JavaScript エスケープシーケンスのサンプル

△上に戻る