Java エスケープシーケンスのサンプル

Javaのエスケープシーケンスについてです。

エスケープシーケンス

  • 特殊な意味を持つ文字を表すために使用します。
  • 文字の先頭にバックスラッシュ(¥円記号)を付けます。
主なエスケープシーケンス
文字 説明
¥'  シングルコーテーション
¥" ダブルコーテーション 
¥t タブ
¥¥ バックスラッシュ
¥n 改行 (LF)
¥r 復帰 (CR)
¥b バックスペース
¥f 改ページ
¥ooo oooにはASCII文字の8進数3桁のコードが入ります
→ASCII文字が表示されます
¥uxxxx xxxxにはUnicodeの16進数4桁のコードが入ります
→Unicodeの文字が表示されます

コード

エスケープシーケンスのサンプルです。
6行目は「文字」リテラルで7行目は「文字列」リテラルです。
7行目の文字列リテラルであればシングルコーテーションのエスケープシーケンスは不要です。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		// シングルコーテーションを表示
		System.out.println('\''); // '
		System.out.println("あいう'えお"); // あいう'えお

		// ダブルコーテーションを表示
		System.out.println("あいう\"えお"); // あいう"えお
		
		// タブを表示 
		System.out.println("あいう\tえお"); // あいう	えお
		
		// バックスラッシュを表示
		System.out.println("あいう\\えお"); // あいう\えお
		
		// 改行を行う
		System.out.println("あいう\nえお"); // 「う」の後に改行が入る
		
		// ASCII文字の8進数3桁のコードでASCII文字を表示
		System.out.println("\101"); // A
		System.out.println("\101\102"); // AB
		
		// Unicodeの16進数4桁のコードでUnicode文字を表示
		System.out.println("\u0041"); // A
		System.out.println("\u0041\u0042"); // AB
 	}
}

関連の記事

Java 文字列を分割するサンプル(split)
Java 文字列が空か確認するサンプル(isEmpty)
Java 文字列の始め/終わりを確認するサンプル(startsWithとendsWith)
Java 文字列の長さを取得するサンプル(length)
Java 大文字と小文字を変換するサンプル(toLowerCaseとtoUpperCase)
Java 文字列の先頭と末尾の空白を取り除くサンプル(trim)
Java 文字列を置き換えるサンプル(replace)
Java 文字の位置を取得するサンプル(indexOfとlastIndexOf)
Java 文字列から文字列の一部を取得するサンプル(substring)
Java 文字列の値を比較するサンプル(equals)
Java 数値と文字列の変換のサンプル(valueOf)
Java 文字列を連結するサンプル(StringBuilder/StringBuffer/join)
Java equalsメソッドで比較する値がnullまたは空文字だった場合のサンプル

プログラムでつまったらteratailに登録して質問しましょう!↓↓↓

△上に戻る