秀丸 カーソルで文字コードを表示する方法

秀丸エディタのカーソルで文字コードを表示する方法です。

環境
・秀丸エディタ Version 8.81

目次

文字コードを表示する方法 その1

1.秀丸の右下にあるエンコードの記載がある箇所(赤枠)で右クリックします。

2. 「カーソル位置の文字コード」をクリックしてチェックを付けると、カーソル位置の文字コードが表示されるようになります。

文字コードを表示する方法 その2

文字コードを表示する方法その2です。

1.「その他」>「動作環境」をクリックします。

 

2.「ウィンドウ」を選択し、「ウィンドウ下部」の「ステータスバー」にチェックを入れ、「ステータスバー」の横にある「詳細」を押します。

 

3.「ファンクションキーと合体時」タブで「カーソル位置の文字コード」にチェックを入れOKを押します。カーソル位置の文字コードが表示されるようになります。

文字コードを確認する

文字コードを確認します。

1.文字の左にカーソルを当てると右下のステータスバーに現在表示で使用している文字コードが表示されます。
Shift-JISのAの文字コードは、「0x41」であることがわかります。

 

2.赤枠の文字コードの箇所で左クリックします。

 

3.現在の文字コードに加えてUTF-8などの他の文字コードも確認できます。

以下は秀丸エディタのヘルプのステータスバーの詳細のリンクです。
http://hidemaruo.mydns.jp:81/helpsite/hidemaru/html/070_Env_Win_Statusbar.html

UnicodeとUTF-16とUTF-8については以下を参照下さい。
秀丸で確認する文字コード(UnicodeとUTF-16とUTF-8)

関連の記事

秀丸 URLクリック時にブラウザを開かないようにする方法
秀丸 タブの設定とカスタマイズの方法
秀丸 CSVを区切り毎に揃えて表示する方法
秀丸 右クリックの「送る」に秀丸を追加する方法
秀丸 ファイルを横に並べて縦に同時スクロールさせる方法
秀丸 置換機能で特定の文字の後に改行を入れる方法(正規表現)
秀丸 置換で不要な文字列を消す方法(正規表現)
JavaScript 文字コードを取得する(charCodeAt)

△上に戻る