よく使う文字実体参照と数値文字参照の一覧

よく使う文字実体参照と数値文字参照の一覧です。

文字実体参照は値が文字なので判別しやすくなっています。
ただし割当の文字がない場合は存在しません。

使用例:HTML文書内で「&lt;」または「&#60;」と記述すると、画面表示時は、「<」が表示されます。

文字 文字実体
参照
数値文字
参照
備考
< &lt; &#60; 小なり
> &gt; &#62; 大なり
" &quot; &#34; ダブルコーテーション
& &amp; &#38; アンパサンド
  &nbsp; &#160; 半角スペース
A - &#65; 英字大文字(A)
a - &#97; 英字小文字(a)
- &#12354; ひらがな(あ)
  - &#12288; 全角スペース
1 - &#49; 数値(1)
- &#13094; ドル
- &#13095; トン
- &#13123; マイクロ
- &#13129; ミリ
- &#13076; キロ
- &#13131; メガ
- &#13072; ギガ
- &#13183; 株式会社
- &#12849;
- &#8544; ローマ数字(1)
- &#8545; ローマ数字(2)
- &#8546; ローマ数字(3)
- &#8547; ローマ数字(4)
- &#8548; ローマ数字(5)
- &#8549; ローマ数字(6)
- &#8550; ローマ数字(7)
- &#8551; ローマ数字(8)
- &#8552; ローマ数字(9)
- &#8553; ローマ数字(10)
- &#8554; ローマ数字(11)
Ⅻ; - &#8555; ローマ数字(12)

関連の記事

かっこと記号の読み方の一覧

△上に戻る