HTML5 スライダーで数値を入力するサンプル(range)

HTML5のスライダーで数値を入力するサンプルです。
input要素のrange属性を使用します。

サンプル

スライダーを左右に動かすとスライダーにあわせて数字が動的に変わります。
このサンプルでは、値は1から10までにしています。

 1

range属性

コード

上記サンプルのコードです。
9行目は、range属性を指定しています。
・最小値はminにセットし、最大値はmaxにセットします。省略可能です。
 省略された場合は0から100になります。
・初期値はvalueにセットします。
・増分値はstepにセットします。省略可能です。省略された場合は、1になります。
10行目は、oninputのイベントハンドラです。スライダーを移動させるとスライダーのvalue値をoutput要素のvalueに渡します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>数値入力のサンプル</title>
</head>
<body >

<input type="range" value="1" min="1" max="10" step="1"
  oninput="document.getElementById('output1').value=this.value">

<output id="output1">1</output>

</body>
</html>

Output要素

関連の記事

JavaScript イベントとイベントハンドラの一覧
HTML5 Canvas要素で三角形を表示するサンプル
HTML5 Canvas要素で長方形と円を表示するサンプル
HTML5 video要素で動画ファイルを再生するサンプル
HTML5 プログレスバーの動きを表示するサンプル(progress)
HTML5 入力欄に入力候補を表示するサンプル(datalist)
HTML5 上下ボタン(スピナー)で数値を入力するサンプル(number)
HTML5 クリックして詳細情報を開く/閉じるサンプル(detailsとsummary)
HTML5 Geolocationの現在位置を取得するサンプル
HTML5 Web Storageのサンプル(Session StorageとLocal Storage)



△上に戻る