Go言語 エスケープシーケンスのサンプル

Go言語のエスケープシーケンスのサンプルです。

目次

サンプル エスケープシーケンス
  一覧 / サンプル

エスケープシーケンスとは

\文字
  • エスケープシーケンスとは、特殊な意味を持つ文字列のことです。
  • 作成方法は、文字の前にエスケープ文字の円記号(バックスラッシュ)を付けます。
    →例:\tをタブとする。
  • エスケープ文字+文字でエスケープシーケンスです。
  • 円記号(バックスラッシュ)の文字コードは、shift-jisでは0x5C、UnicodeではU+005Cです。
  • 以下は、公式のgo言語のString literalsのリンクです。
    https://golang.org/ref/spec#String_literals

エスケープシーケンスの一覧

文字 説明
\" ダブルコーテーションを文字として表示する
\t タブを表示する
円記号(バックスラッシュ)を表示する
\n 改行する
\XXX ASCII文字を表示する
XXXは3桁の8進数です。\101はAと表示されます。
\xXX ASCII文字を表示する
XXは2桁の16進数です。\x41はAと表示されます。
\uXXXX Unicode文字を表示する
xxxxは4桁の16進数です。\u0041はAと表示されます。

エスケープシーケンスのサンプル

package main
import "fmt"

func main(){

// ダブルコーテーションを表示
fmt.Println("あいう\"えお") //あいう"えお

// タブを表示
fmt.Println("あいう\tえお") //あいう  えお

// バックスラッシュを表示
fmt.Println("あいう\\えお") //あいう\えお

// 改行を行う
fmt.Println("あいう\nえお") //あいうで改行される

// 円記号(バックスラッシュ)と8進数3桁で英字を表示
fmt.Println("\101") //A
fmt.Println("\101\102") //AB

// 円記号(バックスラッシュ)とxと16進数2桁で英字を表示
fmt.Println("\x41") //A
fmt.Println("\x41\x42") //AB

// 円記号(バックスラッシュ)とuと16進数4桁で英字を表示
fmt.Println("\u0041") //A
fmt.Println("\u0041\u0042") //AB
}

7行目は、ダブルコーテーションをエスケープしています。
文字列の開始と終了の機能ではなく、文字として表示しています。

関連の記事

Go言語 英字の大文字と小文字を変換(ToLower/ToUpper)

△上に戻る