Excel ピボットテーブルでデータを確認する

Excel のピボットテーブルでデータを確認するサンプルです。

目的

1.以下の商品の表があるとします。

 

2.上記表から分析用の表(ピボットテーブル)を作成します。

上記表では日付と商品で絞り込みができます。
日付ごとの小計が表示されています。
総計が表示されています。
pivotは、枢軸という意味です。

ピボットテーブルからグラフも作成できます。

グラフでも絞り込み等できます。

手順

1.挿入タブからピボットテーブルをクリックします。

 

2.「ピボットテーブルの作成」のダイアログが表示されます。

上段の「テーブルまたは範囲を選択」の「テーブル/範囲」の欄は、ピボットテーブルにしたい表の列名と値の箇所を指定します。図では、A1からE8まで指定しています。

下段は、ピボットテーブルを作成する場所を指定します。新規ワークシートの場合、新規にシートが作成されそこにピボットテーブルが表示されます。

OKボタンを押すとピボットテーブルが作成されます。

 

3.以下の左側がピボットテーブルです。
右側は、ピボットテーブルの表示項目や位置を変更できます。この欄は非表示にもできます。

 

4.グラフを作成する場合は、作成されたピボットテーブルにカーソルを置いた状態で、ピボットテーブルツールのオプションタブのピボットグラフをクリックして作成します。

関連の記事

Excel 値を検索し一致した値を返す(VLOOKUP関数)

△上に戻る