Eclipse JavaのtoStringメソッドを自動で作成する方法

Eclipseの機能を使ってJavaのtoStringメソッドを自動で作成する方法です。

確認環境
・Java 8
・eclipse 4.8

目次

サンプルのクラス

例として次のクラスにtoStringメソッドを自動で作成します。

package test1;

public class Product {
    private String name;
    private int price;
    
	public Product(String name, int price) {
		this.name = name;
		this.price = price;
	}
}

手順

1.ソースコード上で、右クリックして、「ソース」→「toString()生成」をクリックします。

 

2.フィールドを選択します。
「挿入ポイント」はProduct(String,int)の後を選びました。

 

3.コード上に、toStringメソッドが自動に生成されました。

package test1;

public class Product {
    private String name;
    private int price;
    
	public Product(String name, int price) {
		this.name = name;
		this.price = price;
	}

	@Override
	public String toString() {
		return "Product [name=" + name + ", price=" + price + "]";
	}
}

 

toStringメソッドを実行してみる

8行目は、上記のtoStringメソッドを実行しています。
9行目は、出力した文字列です。(Product [name=りんご, price=300])
インスタンスの変数の値を確認することができました。

package test1;

public class Test1 {
    public static void main(String[] args) {
    	
    	Product p1 = new Product("りんご",300);
     
    	System.out.println(p1.toString());
    	//Product [name=りんご, price=300]
    }
 }

関連の記事

Eclipse getterとsetterを自動で作成する方法

△上に戻る