Eclipse jarのソース添付とJavadocロケーション

Eclipseのjarのソース添付とJavadocロケーションの確認です。

目次

サンプル jarの添付ファイルとJavadocロケーション
  プライベートJREとパブリックJRE

jarのソース添付とJavadocロケーション

以下の図はビルドパスの画面です。

(プロジェクトを右クリック>「ビルドパス」>「ビルドパスの構成」>「ライブラリ」で表示)

JDKのrt.jarを展開すると、ソース添付とJavadocロケーションがあります。

 

ソース添付

ソース添付の横にsrc.zipファイルがあります。(ソース添付:src.zip)

この場合、以下のようにソースコードを確認できます。

1.SystemクラスをクリックしてF3キーを押します。

 

2.Systemクラスのソースコードが表示されます。

 

3.ソース添付の箇所が空白の場合は、「ソースが見つかりませんでした」という画面が表示されます。

 

Javadocロケーション

Javadocロケーションの横にURLの記載があります。(Javadocロケーション:http://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/)

この場合、以下のようにjavadocを確認できます。

1.SystemクラスをクリックしてF2キー+シフトキーを押します。

 

2.指定されたURLにあるSystemクラスのjavadocが表示されます。

 

3.ない場合は、「JavadocロケーションURLを指定してください」というダイアログが表示されます。

 

プライベートJREとパブリックJRE

JDKの中にあるプライベートJREでは開発やデバッグで使用するためソースの添付がされています。

JDKに含まれていない普通のJRE(パブリックJRE)ではソースコードは不要のためソース添付はされていません。

以下のOracleの「Javaの概念と定義に関する用語集」の説明の中にプライベートJREとパブリックJREの説明があります。
https://www.java.com/ja/download/faq/helpful_concepts.xml

関連の記事

Eclipse JDKのJREを設定する

△上に戻る