C# べき乗/平方根を計算するサンプル(Pow/Sqrt)

C#のべき乗、平方根、立方根を計算するサンプルです。

目次

サンプル べき乗を計算する(Pow)
  平方根を計算する(Sqrt)

べき乗を計算する(Powメソッド)

public static double Pow (double x, double y);
  • べき乗を計算します。
  • 1つ目の引数は、底となる数です。2つ目の引数は、指数です。
  • 例えば、Pow(2,3)の場合、2*2*2=8になります。
  • 引数はdouble型で、戻り値もdouble型です。
  • staticメソッドなのでインスタンスの生成は不要です。
  • Mathクラスのメソッドです。
  • 以下はMicrosoftのPowメソッドのリンクです。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.math.pow?view=netcore-3.1

べき乗を計算するサンプルです。

using System;

class Test1
{
	static void Main()
	{
		double a = 2;
		double b = 3;

		Console.WriteLine(Math.Pow(a, a)); // 4 (2*2)

		Console.WriteLine(Math.Pow(a, b)); // 8 (2*2*2)
	}
}

7,8行目は、double型の数値です。
10行目は、2*2で4になります。
12行目は、2*2*2で8になります。

平方根を計算する(Sqrt)

public static double Sqrt (double d);

平方根を計算するサンプルです。

using System;

class Test1
{
	static void Main()
	{
		double a = 36;
		double b = 49;

		Console.WriteLine(Math.Sqrt(a)); // 6 (6*6)

		Console.WriteLine(Math.Sqrt(b)); // 7 (7*7)
	}
}

10行目は、36の平方根です。6*6=36です。
12行目は、49の平方根です。7*7=49です。

関連の記事

C# 四捨五入のサンプル(Round)
C# 切り上げのサンプル(Ceiling)
C# 切り捨てのサンプル(Floor/Truncate)

△上に戻る