C# Dictionaryのサンプル

C#のDictionaryのサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2017

目次

仕組み Dictionaryクラス
初期値 要素に初期値をセットする
取得する キーを指定して値を取得する
  キーの集合を取得する (Keysプロパティ)
  値の集合を取得する(Valuesプロパティ)
  指定のキーがあるかを返す(ContainsKeyメソッド)
  指定の値があるかを返す(ContainsValueメソッド)
  要素数を取得する (Countメソッド)
追加する キーと値を追加する (Addメソッド)
更新する キーを指定して値を更新する
削除する 要素の位置を指定して要素を削除する (Removeメソッド)
  すべての要素を削除する (Clearメソッド)

Dictionaryクラス

  • 「キー」と「値」の組み合わせを要素として持ちます。
  • 「キー」は一意です。
  • キーは任意の文字列を使うことができます。
  • サイズをあとから動的に変更できます。
  • 以下はMicrosoftのC#のDictionaryクラスのリンクです。
    https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/xfhwa508(v=vs.110).aspx

要素に初期値をセットする

要素に初期値をセットするサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string, string>()
        { {"a","赤"},
          {"b","黄"},
          {"c","青"}
        };

        foreach (var a in colors)
        {
            Console.WriteLine(a.Key);// a b c
            Console.WriteLine(a.Value);// 赤 黄 青
        }
    }
}

8~12行目は、Dictionaryクラスをインスタンス化し、かつ初期値をセットしています。代入する変数はvarで宣言できます。
14~18行目は、foreach文で値を取得しています。

キーを指定して値を取得する

キーを指定して値を取得するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string,string>();

        colors.Add("a","赤");
        colors.Add("b","黄");
        colors.Add("c","青");

        Console.WriteLine(colors["b"]);// 黄
    }
}

14行目は、インデクサー([b])で要素の位置を指定して値を取得しています。

キーの集合を取得する (keysプロパティ)

キーの集合を取得するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string,string>();

        colors.Add("a","赤");
        colors.Add("b","黄");
        colors.Add("c","青");

        foreach (var a in colors.Keys)
        {
            Console.WriteLine(a);// a b c
        }
    }
}

14行目は、keysプロパティでキーの集合を取得しています。

値の集合を取得する(Valuesプロパティ)

値の集合を取得するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string,string>();

        colors.Add("a","赤");
        colors.Add("b","黄");
        colors.Add("c","青");

        foreach (var a in colors.Values)
        {
            Console.WriteLine(a);// 赤 黄 青
        }
    }
}

14行目は、valuesプロパティで値の集合を取得しています。

指定のキーがあるかを返す(ContainsKeyメソッド)

指定のキーがあるかを返すサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string, string>();

        colors.Add("a", "赤");
        colors.Add("b", "黄");
        colors.Add("c", "青");

        Console.WriteLine(colors.ContainsKey("b"));// True
    }
}

14行目は、ContainsKeyメソッドで指定のキーがあるかを取得しています。
ある場合trueです。

指定の値があるかを返す(ContainsValueメソッド)

指定の値があるかを返すサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string, string>();

        colors.Add("a", "赤");
        colors.Add("b", "黄");
        colors.Add("c", "青");

        Console.WriteLine(colors.ContainsValue("青"));// True
    }
}

14行目は、ContainsValueメソッドで指定の値があるかを取得しています。
ある場合trueです。

要素数を取得する (Countメソッド)

要素数を取得するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string, string>();

        colors.Add("a", "赤");
        colors.Add("b", "黄");
        colors.Add("c", "青");

        Console.WriteLine(colors.Count);// 3
    }
}

14行目は、Countメソッドで要素数を取得しています。

キーと値を追加する (Addメソッド)

キーと値を追加するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        //Dictionary<string,string> colors = new Dictionary<string,string>();
        var colors = new Dictionary<string,string>();

        colors.Add("a","赤");
        colors.Add("b","黄");
        colors.Add("c","青");

        foreach (var a in colors)
        {
            Console.WriteLine(a.Key);// a b c
            Console.WriteLine(a.Value);// 赤 黄 青
        }
    }
}

9行目は、Dictionaryクラスをインスタンス化しています。
代入する変数はvarで宣言できます。8行目のようにデータの型でも可能です。
11~13行目は、Addメソッドでキーと値を追加しています。
15~19行目は、foreach文で値を取得しています。

キーを指定して値を更新する

キーを指定して値を更新するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string, string>();
        colors.Add("a", "赤");
        colors.Add("b", "黄");
        colors.Add("c", "青");

        colors["b"] = "オレンジ";

        Console.WriteLine(colors["b"]);// オレンジ
    }
}

13行目は、キーを指定して値を更新しています。

要素を削除する (Removeメソッド)

要素を削除するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string, string>();

        colors.Add("a", "赤");
        colors.Add("b", "黄");
        colors.Add("c", "青");

        colors.Remove("b");

        foreach (var a in colors)
        {
            Console.WriteLine(a.Key);// a c
            Console.WriteLine(a.Value);// 赤 青
        }
    }
}

14行目は、Removeメソッドでキーを指定して削除しています。

すべての要素を削除する (Clearメソッド)

すべての要素を削除するサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
    static void Main()
    {
        var colors = new Dictionary<string, string>();

        colors.Add("a", "赤");
        colors.Add("b", "黄");
        colors.Add("c", "青");

        colors.Clear();

        Console.WriteLine(colors.Count);// 0
    }
}

14行目は、Clearメソッドですべての要素を削除しています。

関連の記事

C# Listのサンプル

△上に戻る