C# クラスのサンプル

C#のクラスのサンプルです。

目次

クラスからオブジェクト(インスタンス)を生成するイメージ

クラスからオブジェクト(インスタンス)を生成するイメージです。
例えると、クラスは型枠でオブジェクトは実体です。
new演算子を使用してオブジェクト(インスタンス)を生成します。インスタンス化といいます。
以下は、MicrosoftのC#のクラスとオブジェクトのリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/tour-of-csharp/classes-and-objects

 

クラスのサンプル

3-13行目は、Colorというクラスを定義しています。
15-27行目は、そのクラスを利用する箇所です。

using System;
// クラス
class Class1
{
    // フィールド
    private string name;

    // メソッド
    public string print1(string name1)
    {
        return "色は" + name1 + "です";
    }
}

class Test1
{
    static void Main()
    {
        // インスタンスを生成
        Class1 c1 = new Class1();

        // メソッドを実行
        string message1 = c1.print1("赤");

        Console.WriteLine(message1); // 色は赤です
    }
}

6行目は、クラスの内部で宣言されている変数です。フィールドまたはメンバー変数といいます。
privateのためクラスの外部からアクセスすることができません。(非公開の設定)

9-12行目は、メソッドです。publicのためクラスの外部からアクセスすることができます。
6行目の変数や9行目のメソッドのことをクラスのメンバーといいます。
9行目のString name1は、引数です。メソッドに値を渡します。
11行目のreturnは、メソッドの値を返します。返される値を返り値または戻り値と呼びます。
9行目のstring print1のstringは、string型の値を返すという意味です。

20行目は、newキーワードでクラスのインスタンスを作成しています。
クラスのインスタンスを作成するとそのインスタンスへの参照を返します。Class1型のc1という変数にインスタンスへの参照を代入しています。

23行目は、インスタンスのメソッドを実行して、string型の文字列を受け取ります。
右辺は、変数.メソッドの形でドット演算子を使用します。

 

関連の記事

C# if文のサンプル
C# switch文のサンプル
C# while文とdo while文のサンプル
C# for文とbreakとcontinueのサンプル

プログラムでつまったらteratailに登録して質問しましょう!↓↓↓

△上に戻る