C++の関数のサンプル

C++の関数のサンプルです。

目次

 

以降は、説明用として3つのファイルがあります。(keisan.h、keisan.cpp、test1.cpp)

1.関数の定義を記述 (keisan.hファイル)

関数の定義を記述しているファイルです
内容は、使用する関数の名前と引数と戻り値の型です。
コンパイラに知らせています。プロトタイプ宣言といいます。

関数の定義は一般的にヘッダファイル(拡張子がh)で行います。

double keisan(double number1, double number2);

 

2.関数の内容を記述 (keisan.cppファイル)

関数の内容を記述しているファイルです。
引数としてdoubleの値を2つ受け取り(a1とa2)、戻り値としてdoubleの値(kotae)を返しています。

double keisan(double a1, double a2)
{
	double kotae;

	kotae = a1 * a2;

	return kotae;
}

 

3.関数を使用する (test1.cppファイル)

関数を使用するファイルです。

1行目のkeisan.hは、上記で作成した自作のファイルを読み込んでいます。
12行目は、keisan.cppにある関数を呼び出しています。
14行目は、cout <<で画面に出力します。結果は、6が表示されます。

#include "keisan.h"
#include <iostream>

using namespace std;

int main() {

	int num1 = 2;
	int num2 = 3;
	int kotae;

	kotae = keisan(num1, num2);	//関数

	cout << "答えは " << kotae << "です\n";
	return 0;
}

補足
1,2行目は、コンパイルの前にファイルの読み込みをしています。
→他のファイルを読み込むことをインクルードといいます。
4行目は、using namespace std;と書くことによって、本来はstd.coutと書くべきところをcoutのみ記述すれば良いようにしています(14行目で使用)。
6行目、原則として処理はmain()から始まります。

関連の記事

C++ 関数の引数に配列を使用したサンプル
C++ クラスのサンプル
C++ 関数の引数にポインタ変数を使用したサンプル



△上に戻る