C++ 関数のサンプル

C++の関数のサンプルです。

サンプル 関数
  引数と戻り値がない場合

関数

  • 関数は、処理をまとめたものです。
  • 引数は関数にデータを渡します。引数は複数指定できます。省略も可能です。
  • returnで値を呼び出し元に返します。戻り値や返り値と呼ばれます。
    →戻り値がない場合は戻り値の型をvoidにします。
  • 呼び出し先の引数は、「仮引数」といいます。
  • 呼び出し元の引数は、「実引数」といいます。

関数のサンプルです。

#include <iostream>
using namespace std;

int calc1(int a1, int a2)	// 関数
{
	return a1 + a2;
}
int main() {	// main関数
	int num1 = 2;
	int num2 = 3;

	int num3 = calc1(num1, num2); //関数呼び出し
	cout << "答えは" << num3 << "です\n"; //答えは5です

	return 0;
}

12行目は、4行目の関数を呼び出しています。
関数を呼び出すときは、関数が前にある必要があります。

2行目は、using namespace std;と書くことによって、本来はstd.coutと書くべきところをcoutのみ記述で良くなります。

関数の呼び出しが関数より前にある場合

#include 
using namespace std;

int calc1(int a1, int a2);

int main() {	// main関数
	int num1 = 2;
	int num2 = 3;

	int num3 = calc1(num1, num2);	//関数呼び出し
	cout << "答えは" << num3 << "です\n"; //答えは5です

	return 0;
}
int calc1(int a1, int a2)	// 関数
{
	return a1 + a2;
}

関数の呼び出しが関数より前にある場合は、
4行目のように使用する関数の名前と引数と戻り値の型を記載します。プロトタイプ宣言といいます。

引数と戻り値がない場合

#include <iostream>
using namespace std;

void print1();

int main() {	// main関数
	print1();	//関数呼び出し
	return 0;
}
void print1()	// 関数
{
	cout << "テスト\n"; //テスト
}

戻り値がない場合はvoidを指定します。

関連の記事

C++ 関数の引数に配列を使用したサンプル
C++入門 クラスの仕組みとサンプル
C++ 関数の引数にポインタ変数を使用したサンプル

△上に戻る