C++ 関数の引数に配列を使用したサンプル

C++の関数の引数に配列を使用したサンプルです。

目次

説明用として3つのファイルがあります。(calc.h、calc.cpp、test1.cpp)

1.関数の定義を記述 (calc.hファイル)

関数の定義を記述しているファイルです

int calc1(int arr1[], int kazu);

int arr1[ ]は配列の引数で、kazuは配列の要素数です。

2.関数の内容を記述 (calc.cppファイル)

関数の内容を記述しているファイルです。

int calc1(int arr1[], int kazu)
{
	int num1 = 0;
	int i;

	for (i = 0; i < kazu; i++) {
		num1 += arr1[i];
	}
	return num1;
}

1行目は、引数のint arr1[ ]で配列を受け取り、kazuで配列の要素数を受け取ります。
6行目は、引数で取得した配列の要素数分(kazu)ループします。
7行目は、配列の添字を使用して値を足しています。
配列の添字とは、arr1[0]とある場合の0のことです。

3.関数を使用する (test1.cppファイル)

関数を使用するファイルです。

#include "calc.h"
#include <iostream>
using namespace std;

#define kazu 5

int main() {
	int arr1[kazu] = { 1,2,3,4,5 }; //配列

	int ans1 = calc1(arr1, kazu);   //関数呼び出し
	cout << "答えは" << ans1 << "です\n"; //答えは15です
	return 0;
}

5行目は、マジックナンバーを避けるため#defineを使用して数値に名前をつけています。
→マジックナンバーとは作成者しか意味が分からない数値のことです。
8行目は、配列の宣言と値の代入をしています。
10行目は、配列のarr1と要素数のkazuを関数の引数にしています。
実行すると「答えは15です」と表示されます。

関連の記事

C++ 関数のサンプル
C++入門 クラスの仕組みとサンプル
C++ 関数の引数にポインタ変数を使用したサンプル

△上に戻る