CentOS シンボリックリンク

シンボリックリンクについてです。

シンボリックリンクとは

・あるディレクトリ/ファイルが、別のディレクトリ/ファイルを参照します。
・参照先のファイルの内容を変更するとシンボリックリンクのファイルの内容も変更されます。
・シンボリックリンクのファイルの内容を変更すると参照先のファイルの内容も変更されます。
・ただし、シンボリックリンクを削除しても参照先のファイルは削除されません。

シンボリックリンクの作成

1./home/test/に以下の2つのファイルがあるとします。
・test1.txt
・test2.txt

2./home/test/testSymbolic/で上記2ファイルのシンボリックリンクを作成します。
lnコマンドで作成します。コマンドの最後尾のドット(.)は現ディレクトリを指します

 ln -s /home/test/*.txt .

ln -s [リンク元のディレクトリ名/ファイル名]  [リンクの名前/リンク先]

シンボリックリンクの確認

シンボリックリンクを作成した場所(/home/test/testSymbolic/)で
ls -lコマンドを実行すると以下のように表示されます。

catコマンド等でシンボリックリンクの中を確認できます。
シンボリックリンクなので絶対パスにする必要はありません。

cat test1.txt

viコマンド等でシンボリックリンクの内容を変更できます。
その場合、参照先のファイル(/home/test/test1.txt)の内容も変更されます。

vi test1.txt

シンボリックリンクの削除

シンボリックリンクを削除する場合は、rmコマンドで削除します。

rm test1.txt

シンボリックリンクを削除してもリンク元のファイル(/home/test/test1.txt)は消えません。

関連の記事

CentOS bashの設定ファイル
CentOS ランレベルとサービスの自動起動の設定
CentOS rcスクリプトとランレベル毎のシンボリックリンク
CentOS bashの機能
CentOS OpenSSHサーバの設定ファイル(sshd_config)
CentOS コマンド一覧
CentOS viの操作とコマンドの一覧



△上に戻る