企業業績メモ 日本郵船 (海運業界)

日本郵船は三菱グループの海運会社です。
海運業界の大手三社は、日本郵船、商船三井、川崎汽船で日本郵船の売上は国内首位です。

メモ 日本郵船の過去5年の売上高と当期利益と2022.3予想
オーシャン ネットワーク エクスプレス ホールディングス
配当の方針

日本郵船の過去5年の売上高と当期利益と2022.3予想

  2017.3 2018.3 2019.3 2020.3 2021.3 2022.3
予想
売上高 1,923,881 2,183,201 1,829,300 1,668,355 1,608,414 2,000,000
当期利益 -265,744 20,167 -44,501 31,129 139,228 710,000

単位は百万円

海運とは、船で荷物等を運ぶ事業です。

2020年はコロナで海上輸送の需要も減ることが予想されましたが、想定以上に需要が回復し好調でした。
2021年は、世界的なコンテナ不足、港湾等での混雑に伴うスケジュール遅延、海上輸送の運賃の上昇等あり業績が大幅に上がりました。

 

オーシャン ネットワーク エクスプレス ホールディングス

2017年に日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社で設立しました。
定期コンテナ船の運営をしています。
2021年は貨物需要の好市況で業績は想定を上回るレベルでした。
決算短信ではONE社として記載されています。

 

配当の方針

  2017.3 2018.3 2019.3 2020.3 2021.3 2022.3
予想
年間配当額 0 10 20 20 200 800

業績好調のため配当額も過去5年より大幅に増えています。

2022/3月予想では、年間配当額は1株あたり800円です。

100株持っていた場合80,000円になります。

https://www.nyk.com/ir/library/highlights/2020/__icsFiles/afieldfile/2021/05/10/210510_tanshin_jp_1.pdf

https://www.nyk.com/ir/library/highlights/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/11/02/211104_tanshin_jp.pdf

関連の記事

企業業績メモ 花王

△上に戻る